池田泉州銀行「キャッシュカード一体型カードローン」について


池田泉州銀行のキャッシュカード一体型カードローンは、池田泉州銀行の普通預金口座を既に持っている人におすすめです。
大阪府、兵庫県、京都都、和歌山県に現在住んでいる人のみが対象となっています。
金利は、珍しい14.5%の固定金利となっているため、利用は100万円以下の利用の場合の人にとっては通常のカードローンと同様のスペックですが、100万円を超える金額を借入する場合は、消費者金融よりも低金利ではあるのですが、他のカードローンと比較すると高めになってしまうので、少額での利用を希望している人で、池田泉州銀行のキャッシュカードを現在持っている人の利用がおすすめです!


実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
14.5%(固定金利) 10万円〜300万円 最短即日 無し 対象外 有り
遅延利率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
年19.9% 満20歳〜満70歳以下 定額返済方式 ネット上のみで完了


  1. このカードローンを利用出来る人について
  2. 申込から審査、契約までの流れ
  3. 金利や毎月の返済金額について
  4. 池田泉州銀行カードローンはこんな人におすすめ!
  5. 当サイトに頂いた口コミ

利用できるについての解説


利用できる人は以下条件を満たしている人になります。

  • 契約する時の年齢が、満20歳以上で満70歳未満の人
  • 本人、もしくは配偶者に安定収入のある人(仕事、家賃収入、年金など)
  • 大阪府、兵庫県、京都府、和歌山県に住んでいる人(東京に支店があるが東京には対応せず)
  • 外国人の人は、永住許可を受けている場合に限る

上記の条件を満たしてる事が前提条件で、
説明する必要もないですが、補足として入れると、上記の地域に住んでいる人で、住民票を置いている状態にしておく必要があり、
転勤や、長期出張などで住民票がこの地域内にないという人は申し込みが出来ません。
それに地銀系でよくあるのが、住んでいるところと、職場がこの地域内ならOKという業者もいますが、池田泉州銀行カードローンでは、住んでいるところだけなので注意が必要です。


前に地域内に住んでいたけど、今は違うところに住んでいるけどキャッシュカードがあるという人

ちょっと、特殊な例なので、該当しない人は読み飛ばしていただいても大丈夫なところですが、
前に、池田泉州銀行の地域内に住んでいたけど、今は住んでいない。けどキャッシュカードは持っているという人の申し込みですが、
申し込み自体は可能ですが、口座を作った店舗への来店が必要になる可能性があり、ネットでのwebで済ませるコトが難しいとのことでした。
なので、現在住んでいる地域が、この地域内以外の場合は、無理してでも作るメリットがあるほどのスペックはないので、あえて池田泉州銀行カードローンを選ぶ必要はありません。


申し込みから契約までの流れについて


申し込みから契約までの流れですが、流れは通常のカードローンと同じと考えて問題ありません。
キャッシュカードにローン機能を付けてもらうまでの流れで、


申込み→審査→審査完了の連絡→本人確認書類提出→在籍確認→契約


という流れになります。
基本的にネットだけで契約まで完了しますが、
一度、普通預金の支店へ来店する必要がある可能性もあるとのことで、確実にネットだけで済ませるというわけではありません。


即日での融資は、不可能で、最短でも翌日での融資となりますが、通常は2〜4日程度は見て欲しいとのことです。

カードローンの利用で毎月の返済額と金利について


金利面と毎月返済額についてですが、金利は、カードローンの契約金額に応じて上下するのではなく、
14.5%の固定金利となります。
これは目安としては、100万円以下の借入の場合は、平均的ですが、
150万円以上の契約として考えると高い方になるので、100万円以下の利用以外では逆に金利面としては平均よりも高くなります。
以下の表で、毎月の返済金額と返済回数をまとめてみました。
※金利は全て14.5%で計算しています。

借入金額 返済金額 返済回数
10万円 1万円 11回
20万円 1万円 24回
30万円 1万円 38回
40万円 1万円 55回
50万円 1万円 78回
60万円 2万円 38回
70万円 2万円 46回
80万円 2万円 55回
100万円 3万円 43回
150万円 3万円 78回
200万円 4万円 78回
300万円 4万円 198回

※上記は最低返済額を返済した場合であり、自由返済なので、多めに返済する事で返済回数は減ります。


毎月の返済金額に対しては、100万円以下の場合は、高めに設定されているため、基本的に返済回数が少なくなりますが、100万円を超える融資の場合は、返済金額が平均よりも少なく、返済回数が逆に多くなる傾向になります。
MAX300万円を借入した場合は、最低返済額を返済し続けた場合は、198回になり、16年と6ヶ月もかかり、
返済金額の総額が、800万円近くなるため、100万円以下の利用の場合のみおすすめします。


池田泉州銀行カードローンはこんな人におすすめ


このカードローンに対しておすすめな人の条件をゼニエモンの視点でまとめてみました。
これに該当しない人は、あえて選ぶ必要はありません。

  • 池田泉州銀行のキャッシュカードを持っている人
  • 池田泉州銀行を毎月家賃や光熱費などの引き落とし口座にしている人
  • 100万円以下の融資を希望している人
  • 年金受給者でカードローンを利用したい人
  • 専業主婦の人

という人で、引き落とし口座として利用している人は、自動入金で機能もついているため、引き落とし日に口座にお金がない状態でも自動で借入できるので使い勝手はかなり高いです。
※自動入金の機能は契約時に付けるか付けないかを選択可能です。


あとは、年金受給者の人でカードローンを利用したいと考えている人は、年金受給者対応のカードローンは現在少ない為、
これを理由に選ぶのもありです。



池田泉州銀行「キャッシュカード付帯」カードローンの口コミ

口コミを投稿する

評価

アイコンを選んでください