専業主婦もキャッシングが可能なカードローンを紹介

ここでは、現在仕事をしていない状態で収入がない専業主婦でも借入が可能な消費者金融や、銀行カードローンを紹介しています。

消費者金融では、現在自信の収入がない専業主婦の人は受付をしておらず、
専業主婦が、キャッシングをするのは、銀行カードローン以外は出来ません。

色々借りる為の背景もあると思いますが、
夫や家族に絶対にバレたくないという人も多いです。

参考にしてもらえたら嬉しいです。

専業主婦(主夫)の場合は消費者金融からは借入できない!

現在、配偶者貸付制度というものがあります。
これは、配偶者に収入がある場合は、配偶者の同意があれば、配偶者が連帯保証人にならずに、
個人の貸付として借入出来るという制度です。


※貸金業法についての一文を抜粋
Q.専業主婦/主夫が借入れを行うにはどうすればいいのでしょうか?
A.専業主婦/主夫は、総量規制の例外として、配偶者と合算して、(二人分の)借入れが(二人分の)年収の3分の1まで借入れを行うことができます。ただし、そのためには、配偶者の「同意書」、配偶者との婚姻関係を示す書類(住民票又は戸籍抄本。事実上の婚姻関係の場合、住民票(続柄に、「夫(未届)」、「妻(未届)」など、未届の配偶者である旨の記載があるもの))、(一定金額以上の場合)配偶者の年収を証明する書類を提出する必要があります。


参照URL:貸金業法について


これは、要は配偶者に収入があれば、専業主婦でもカードローンの契約は、個人の契約として保証人なしでできるよ!といった制度ですが、
法的にはOKでも、消費者金融からの借入は基本的に対応していません。


理由としては、どうしても少額の融資になってしまうことが多いので、
これらの顧客を管理する管理コストの方が高くついてしまうからです。


なので、消費者金融からの借入は、出来ないと考えておきましょう。


専業主婦対応の銀行カードローンを選ぶべき!

消費者金融が対応していないということで、選ぶべきというより専業主婦の借入は、
銀行カードローンのみが対応しています。
以下に借入する事で不安要素であるところを具体的に解説してみました。


配偶者に収入のない人は借入はできない

配偶者と共に無職の状態であるという人は、借入は出来ません。
配偶者の収入の一部を共有の財産とみなし、限度額自体は最高でも30万円〜50万円程度ですが、
契約が可能です。


配偶者を保証人にする必要はない

配偶者は必要なく、保証人となる必要はなく、あくまで本人との契約になるため、
申し込み時に、配偶者の勤務先を入力する必要はありますが、申込者本人のみの契約となるため、
配偶者の会社に電話がかかったり、配偶者自体に連絡があったりなどはありません。
すなわち、借入しているコトが配偶者にバレるという事はありません。
※審査結果によっては、配偶者の給与明細や、会社発行の保険証の提出などが必要な場合があります。


専業主婦向けの銀行カードローン業者

以下では、専業主婦でもキャッシングに対応しているカードローンで特におすすめな2業者を紹介しています。


みずほ銀行カードローン


みずほ銀行カードローンは、専業主婦の受付が可能で、配偶者に収入があるときは、最高で30万円を上限に借入することが可能です。こちらは、こちらはキャッシュカードにローン機能を付け足すので、銀行口座を同時に開設する必要があるので、口座がない人は3週間程度かかりますが、引き落とし口座として設定し、引き落とし日に残高がない場合は、自動入金設定など便利な機能もあり長く便利に利用していきたいという人には、トータル的に利用しておきたいカードローンです。



三井住友銀行カードローン


三井住友銀行カードローンは、専業主婦が借入するのに、明確に利用限度額はありませんが、
30万円程度を考えていいです。
こちらも配偶者に安定した収入が必要となりますが、バンクイック同様、配偶者の会社へ電話確認や、
配偶者の収入証明書の提出も不要です。
ローン専用のカードも発行可能ですし、今、銀行キャッシュカードを持っているという人は、
これにローン機能を付けることも可能ですので、今三井住友銀行の銀行口座を持っているという人は、
こちらのほうがおすすめです。



専業主婦の人ってどういう理由でみんな借りているの?

最終情報更新日2016年02月08日

専業主婦の借入傾向

平成27年度の日本貸金業協会のアンケートを元に説明していきたいと思います!
以下表を見てください。



この図でもわかるように、専業主婦(主夫)は基本的に、少額の融資で、短期的に、
借入を希望している人も多いです。


基本的に、この表でもわかるかと思いますが、希望は一番多いのが、
少額を短期間借りたい!!という希望者が全体の40%。
1万円〜5万円未満が、全体の6割近くを占めています。


どういう理由で専業主婦の人はキャッシングするのか?

こちらも参考にしてもらえたら嬉しいです。
以下は、実際にキャッシングをする為の理由です。



これを見ると、ほとんどの人は少額の生活費の補填の為に借入しているのがわかると思います。
こういった借入は、ゼニエモン用語で、「前向きな借入」と呼びます(笑)。


計画性を事前に検討して、キャッシングしている人が多いです。


逆に「後ろ向きな借入」というのもあります。
これは、住宅ローンや、自動車ローン、市県民税などの支払いやギャンブルなどに借入をしているケースで、
住宅ローンや自動車ローンは、基本的に個人向けのカードローンと別次元なレベルほど低金利です。


ローンの支払いのために、はるかに高い金利のカードローンを利用するのは、
現実的ではありません。


よく雪だるま式に借金が膨らむといいますが、これが、初期段階と認識しておいていいと思います。
この場合は、払えないということをローン業者に素直に話をして、そこからローンを組み直してもらう。もしくは、
1ヶ月ほど金利分だけの支払いでジャンプさせてもらうという一手間掛かりますが、
こちらの方が現実的です。


市県民税などの支払いの為に借りるというのも、カードローンの借入よりも、
市県民税の支払いの遅延の方が、実は遥かに遅延金も少なく、
市役所との交渉もしやすいです。
まず、この理由の場合は、一度市役所などと交渉してみたほうがいいです。


そして一番要注意なのが、ギャンブルや娯楽費に使うという理由です。
こういった借入は一番後ろ向きな借入で、


私利私欲の為に借金をするというものです。
返済計画もいつになるのかわからないというケースもこの理由が多いのも特徴です。
ゼニエモン自身も、自分の貯金と感覚がマヒしてしまい、私利私欲の為に借入して、
借金を膨らませた人間なので、老婆心ながらやめたほうがいいということだけは伝えさせていただきます。