楽天銀行スーパーローン


楽天銀行スーパーローンは、総量規制対象外のカードローンとして安定した当サイトで、紹介している業者の中でも安定した人気があります。
申し込みから300万円までなら、収入証明書の提出がないという点で、借り換えやおまとめローンとして利用したい人にも人気があるのですが、難点を言うと、申し込みから借入までの時間が、他のカードローンと比較すると時間がかかってしまうという点です。※下記にて詳しく解説

また、楽天銀行の銀行口座を持っている人は、初回融資での振込融資対応の時間が、24時間365日対応になるので、早くなるというメリットがあります。
専業主婦の人でも最高で50万円までの対応をしている、数少ない専業主婦の人でも対応している業者で、主婦の人にも人気のカードローンです。
今なら入会だけで1000ポイント楽天スーパーポイントがもらえます


実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
1.9%〜年14.5% 最大800万円 最短即日 無し 対象 有り
遅延利率 申込資格※ 返済システム 来店必要の有無
19.9% 20歳〜62歳 残高スライド式リボルビング方式 ネット上のみで完了


最短で融資までにかかる時間は3日程度を見ておく必要がある

楽天銀行スーパーローンは、申し込み当日中の融資は対応していますが、
ゼニエモンの独断の考えを言うと、これは不可能です。
融資方法としては、振込での融資、もしくは、カードを利用しての融資方法の2通りありますが、
最短の場合は、振込での融資を利用する必要があります。
ただし、審査時間に2日程度かかるため、最短でも3日程度はかかると見ておいたほうが無難です。
融資までの流れは、以下のようになっています。



この図のように、6つの工程を経てからの融資の流れになります。
この融資の流れについてを1つつづ解説していきます。


申し込み

申し込み方法は、基本的にネットからの申し込みとなります。
基本的に、受付時間は、平日9:00〜20:00となっていますが、これはあくまで審査をしてくれる時間であり、基本的に365日、24時間申し込みの受付自体は可能です。
急ぎでの融資希望の人は、カードが届くまで契約から1週間程度かかるため、振込での融資を利用せざるを得ません。
この場合は、申し込み時に、口座設定と振込での融資の場合は、借入希望額を入力すればOKです。



申し込み時にこの画面が出るので、この時に、振込での希望金額を入力しておけばOKです。


今すぐ借入したい人はちょっと申込完了までが面倒くさいと感じる部分

この申込時に、ちょっと他のカードローンと比較して面倒だな・・と感じている部分があります。
上記の画像を見ていただくとわかると思いますが、返済時に自動引き落とし設定をする必要があり、銀行口座の入力をしないといけないという部分です。
申し込み時にすぐに自分の銀行口座情報がわかる人なら全く気にする必要はありませんが、
これがわからないという人は銀行の口座情報を調べる必要があるので、この部分が意外と煩わしいと感じます。
スムーズに申し込みをしたい場合は、必ず、自身の口座情報は把握している状態にしておく必要があります。


審査

申し込みが完了すると審査がありますが、申し込み完了後は、登録したメールが届きます。



このような流れになっていて、これ自体は、仮審査という名目ですが、本審査は、申し込み時に入力した項目の証明だけなので、
仮審査に通った場合は、ほぼキャッシングすることが可能と考えても大丈夫です。


ここで仮審査を通った場合は、申し込み時に入力した職場へ在籍確認が行われます。


審査に落ちた場合は、審査落ちのメールが届きます。



審査時間は長い!?

楽天銀行スーパーローンは、他のカードローンと比較すると、審査時間は長めです。
現在は、通常のカードローンの場合は、申し込みから30分程度で審査完了となりますが、
楽天の場合は、1日〜2日程度は待つ必要があります。
1日以上かかる場合は、審査遅延のメールも届きます。


早い場合は、1日程度でメールでの返信が来ますが、どうしても今日中に借りたいという人は、
審査回答までの時間に安定性がないので、
楽天銀行スーパーローンはおすすめできません。


審査を早く行ってもらうコツ

急いでいる人向けに審査を優先的に行ってもらう事も可能です。この場合は、審査完了後のメールのタイミングでメールに記載のサポートデスクに電話し、
早く審査をして欲しいという旨を伝えれば、審査を早く行ってもらう事が可能です。ただし、込み合っている場合は難しいとのことですが、電話で伝えるコトで、早く借入まで行ってもらえるので、急いでいる人は無理な条件でもないので積極的に行うことをおすすめします。

在籍確認

仮審査が終了すると、次は在籍確認となりますが、これは、会社に電話で連絡し、本人が本当にそこで働いているのかを確認するためのもので、
カードローンの契約時は、どの業者や銀行でも確実に行われることです。
楽天銀行の場合は、以下の条件で、在籍確認をとります。

会社への電話確認での内容

電話番号は非通知で、個人名を名乗り、〇〇(フルネーム)さんはおられますか?という電話がかかります。
この時に、社名を聞かれた場合は、「楽天銀行の○○」と名乗ります。
会社が非通知での電話を拒否していた場合は、楽天銀行のローン専用ダイヤルの電話番号を通知して電話をかけて行います。
この場合は、本人がそこで働いているのかを確認するためだけなので、本人不在でも問題ありません。

楽天銀行の場合は、必ず電話での確認が必須となるので、会社が休みで電話が出れない場合等は、これが長引いてしまうので注意が必要です。

本人確認の書類送付

次に、申し込みをしたのが本人であることなどの証明する書類を送付する必要があります。
楽天銀行のアプリ


この図のように、アプリ経由でスマホのカメラで撮った写真をアップロードすることが一番早いですが、
PCからアップロードや、FAXでの送信も可能です。
これで、本人確認書類を送付します。



収入証明書の提出が必要になる場合

楽天銀行スーパーローンは総量規制対象外なので、原則としては、300万円以内の申し込みまでなら、収入証明書の提出は不要になります。
ただし、例外として、以下の場合では、300万円以内でも収入証明書が必要になる場合があります。

  • すでに他の業者を利用していて年収の1/3近く借入している場合
  • 他の業者から借り換えでの融資を希望した場合
  • 仕事をしてまだ1年未満の場合
  • 個人事業主をしていて給与所得者ではない場合

これらの場合で必要になることもあるのですが、最新の給与明細2ヶ月分の提出や、源泉徴収票、前年度の確定申告書の提出をすればOKです。
上記の条件に当てはまる場合は、事前にスマホなどで書類をカメラで撮っておけば本人確認書類提出と同時に行える為、スムーズに契約がすすみます。

契約・融資

上記のポイント全てが完了する事で、契約をすることができ、契約完了後にキャッシングが可能となります。
初回は振込での融資が希望という人が大半ですが、ここで楽天銀行の銀行口座を持っている人とそうでない人で、振込融資でのメリットを享受できるかどうかというところで差が出てきます。
楽天銀行の銀行口座がある場合は、振込での融資が、24時間365日いつでも振込反映するので、初回振込み時に、15時を過ぎている場合や、土日祝日をはさむ場合は、これに関してのタイムロスがなく借り入れが可能なります。ただし、サポートデスクは、平日の9時〜17時までの営業時間となっているため、これを過ぎている場合は、契約時に締結したIDパスを入力し、楽天銀行のサポートデスク画面にログインし、融資依頼をかける必要があります。
ただ、融資を急いでいる、急いでいないに関わらず、ローン専用カードは、契約後1週間程度で自宅へ郵送で届きます。

楽天銀行スーパーローンの金利は融資可能額によって変わる

楽天銀行の金利は、以前の金利よりリニューアルされて、最低年率が1.9%という超が付くほど低金利での借入が可能なりました。
楽天銀行の実質年利
実質年率が、以前の4.9%〜14.5%ではなく、1.9%〜14.5%になりました。
さらに、最高で500万円までの貸付最高額が、800万円まで上がりました。
一見すると、ひょっとしたら自分は、1.9%で借入できるのかも・・と期待しがちですが、
以下の表を見てください。

借入限度額 金利
10万円以上100万円未満 14.5%
100万円以上200万円未満 9.6%〜14.5%
200万円以上300万円未満 6.9%〜14.5%
300万円以上350万円未満 4.9%〜12.5%
350万円以上500万円未満 4.9%〜8.9%
500万円以上600万円未満 4.5%〜7.8%
600万円以上800万円未満 3.0%〜7.8%
800万円 1.9%〜4.5%

このようなカラクリがあり、一番多い層は、借入希望なら100万円未満の借入を希望で、
借り換え希望の人は、200万円未満の借入が大半の場合が多いため、
1.9%を適応するには、800万円の借入限度額での審査にとおる必要があるため、
一見前よりも低金利に感じますが、金利自体はそのままで、ほぼ14.5%での借入となると把握しておくと後々落胆せずに済みます。


月返済金額は平均よりも少なめ

毎月の返済額がなるべく少ないほうがいいという希望の人は業界全体で比較すると月返済額は少なめに設定されています。
以下は、借入金額に応じての毎月の返済額です。

借入金額 毎月の返済額
10万円以内 2,000円
10万円超〜30万円以内 5,000円
30万円超〜50万円以内 10,000円
50万円超〜100万円以内 15,000円
100万円超〜150万円以内 20,000円
150万円超〜200万円以内 30,000円
200万円超〜250万円以内 35,000円
250万円超〜350万円以内 40,000円
350万円超〜400万円以内 45,000円
400万円超〜500万円以内 50,000円
500万円超〜600万円以内 60,000円
600万円超〜700万円以内 80,000円
700万円超〜800万円以内 100,000円

他業者のカードローンと比較すると、50万円以内での借入の場合は、毎月の返済金額は平均よりも低い設定となっていますが、
100万円以上の借入になると、平均的な返済額となります。

 

まとめ楽天銀行スーパーローンはこういう人の利用がおすすめ!

楽天銀行スーパーローンは、ゼニエモンの独断ですが、審査は厳しめだと考えています。まず保証会社が、消費者金融ではなく、楽天カード株式会社かセディナです。両方信販会社なので、厳しめです。
※楽天カード株式会社または株式会社セディナが保証します。
ただし、楽天銀行株式会社が認めた場合は不要です。


同時申込で、申込情報が、信用情報で独自判断ですが、同日同士でバッティングするとまず通りません。
なので、審査のとおりやすい属性の人は以下と考えています。

  • はじめての借入で数年以上同じところに勤めている
  • 200万円以下の借り換えで、半年以内にどこにも申込をしていない
  • 専業主婦でも配偶者が同じところへ3年以上勤めている

といった方で、以下の方にはおすすめできません。

  • すでに他業者へ申込をして審査に落ちた人
  • 仕事をはじめてまだ1年未満の状態
  • すでに4社以上借入している状態の人
  • 過去に金融自己経験のある人

この条件を満たし、借入までに3日以上は猶予があるという人にとっては、スペック自体は全体的に平均的ですが、おすすめの業者の一つです。
また、仕事をしていない専業主婦の人に貸付を行っている数少ないカードローン業者なので、専業主婦の方にとってもありがたいカードローンとなっています。


楽天銀行スーパーローンの口コミを見る

口コミを投稿する

評価

アイコンを選んでください