実際にお金をお金を借りるまでの流れは?

ここでは、実際にお金を借りるまでの流れを紹介していきたいと思います。


現在4社をヘビーに使っているゼニエモンですが、
実際には、10社以上のカードを持っています。


限度額も総額で、350万円ほど、現在は借入したいときに自由に借入することができます。


ここで言う、お金を借りるまでの流れですが、
カードローンや、キャッシングなど利用する時の為の流れを解説していきます。


現在は、ネット上で申し込みから契約し借入まで、全て誰にも会うことがなくお金を借りるコトが可能となっています。
初めて、お金を借りるという人は、この流れをまずざっくり理解しておくコトが重要で、やり方さえ理解すれば
当日中にお金を借りる事も可能です。


このページでは、お金を借りるまでの流れの最短ルートを解説しているページです。


まず、お金を借りるまでの全体像をざっくりと理解しておく

まず、最初にお金を借りるまでの全体像を図解しているので、こちらを見てください。


当日中にお金を借りる全体像の図解


このように、7つの工程を済ませるコトでお金を借りるコトができるのですが、
全て最短で済ませようと思えば1時間以内に済ませるコトができます。
以下でこの工程を個別に解説をしていきます。


とりあえず、最初は何をすればいいのか?


最初は、お金をどこから借りるのかという業者を選ぶところからスタートをします。
この業者を選ぶというのは、当サイト内の別ページにて詳しく掲載しているので、ここでは割愛します。


業者を決めた場合は、まずそこへ申し込みをするところからスタートします。


まず、最初にどの業者を利用するか決める!

お金を貸してくれる業者にそもそもどうやって申し込むの?

現在、2016年では、申し込み方法というのは、主に4種類の申し込み方法となりました。


パソコン、又はスマホを利用して申し込みを済ませる

※申し込み完了目安時間10分

店頭へ行き申し込みをする

※申し込み完了目安時間20分
手書きで申し込み用紙を記載する為

業者へ電話し、オペレーターと会話しながら、申し込みを済ませる

※申し込み完了時間目安20分
全て口頭で、説明しなければならないため

ネットで申し込み用紙をダウンロードし、記載しFAXにて送信する

※申し込み完了時間目安30分


と、申し込み方法自体は、ざっくりと4種類ですが、
基本的に、現在は、インターネットで業者ページでアクセスし、そこで申し込みを済ませるコトが、
空いた時間に、簡単に申し込みができることから、
当サイト経由で申し込みをされている方の中でも、9割以上インターネットからの申し込みをされています。


一番、ポピュラーな申し込み方法はネットからの申し込み急いでいない人もこちらの方が断然楽に申し込みができる!


申し込みが完了すると次に審査というものがある


次に、審査というものが必ずあります。
この審査自体は、業者によって異なるものの、最短で20分前後で、メール、もしくは電話がかかってきます。


ここで仮審査の結果が、〇〇万円までの融資が可能です。というコトが伝えられたので、
後は、入力した項目を書類提出などをすることで、契約することができます。


本人確認の書類を提出する


そして本人確認書類の提出ですが、運転免許証や、保険証を、スマホのカメラで撮影し、
それをメールもしくは、業者のアップロード画面にアクセスし送信すればOKです。
この場合は、審査回答時の電話連絡で詳しいやり方を教えてくれるので、ここは迷うことはないので、
操作になれない人もも安心して問題ありません。


在籍確認を行ってもらう


最後に、在籍確認を行いますが、これは、その会社に本当に勤めているのかということを業者にチェックしてもらいます。
これは個人名で電話が会社にかかり、本人はそこへ在籍しているのかを確認してもらうということですが、
お金を借りることの契約ということなどはバレることはないように、対応してくれます。


これで契約が晴れて完了!

これで晴れて契約が完了し、いつでもお金を借りるコトができます。
方法としては、振込での融資、またはローンカードを使い、コンビニなどのATMから、銀行からお金をおろすような流れで
借りるコトができます。


ただし、ローンカード自体は、郵送で届くので、これが難しいのなら、振込で借りる事もできますが、
こちらも、同様に金融機関の営業時間外では振込が反映しないので、次の営業日までは持ち越しになります。


ただし、ローンカードは、店舗へ取りに行くことで、その日のうちに発行してもらえます。
こちらは午前8時〜午後10時まで営業しているところが多く、土日祝日も利用可能なので、どうしても当日にお金を借りたい人は
この方法を取ることがおすすめです。