返済の延滞の限界はいつまで!?

返済を怠ると、一般的に知られていますが、信用情報に傷が付く言われていますよね。
結果として、世に言うブラックリストに記載されるということですが、

ただ、ブラックリストに載るといっても、
どういう行為、もしくは、
どういう状態がブラックリストの扱いになるのか
ということを解説してる本や、ウェブサイトなどはほとんどありません。

結構、都市伝説化していて、正しい情報があまり少ないので、ここでは、
「支払いを滞納したことがある、、」
「支払いを何回遅れたらブラックリストに載るの?」
「え?俺のやってることはアウトなの?」
と、疑問に思いやすい部分を、ゼニエモンが、調べに調べた情報を解説していきたいと思います。

延滞・滞納ってそもそも何?

そもそも、延滞や滞納ってなんでしょうか?
いうまでもないんですが、


キャッシングは、毎月決められた日までの支払いか、もしくは、35日以内に返済を
しなくてはなりません。


返済期日が35日の場合
これは、自身で支払日を設定するわけですが、最近は、
毎月決められた日に返済をする人が多いです。
理由としては、35日だと、返済日について常に意識しなくてはならないため、


管理がややこしいからです。
決められた日に、振込設定や、振替設定をしておけば、忘れることはないので、
こちらのほうが、現在は主流となっていますし、業者側も推奨しています。


これを滞りなく返済していくのが通常なのですが、


これをきちんと決められた日に払わず、期日を過ぎてしまうと、それは
延滞、滞納なります。


滞納は何回しても大丈夫なの?

延滞、滞納は、何回しても大丈夫なんでしょうか?
それとも、1回でもしてしまうと、ブラックリストに載るのでしょうか?


ブラックリストという、データは実在ではなく、


国から、委託された指定信用情報機関にあなたの金融事故が記載されること=金融事故
として記載されることを、ブラックリストという定義となっているのが、現在の一般的な


実は、滞納を1日でもしてしまうと、金融事故として、指定信用情報機関に記載されます。
つまり、ブラックリストに事実上載ってしまうということです。


ただ、1回〜3回程度であれば、何らかの事情があったため、引き落としできなかったと配慮してくれるらしく、
実際にそれが直接的な原因として、新たな審査に通らなくなるというのは、


あまりないそうです。
ですが、それが、3回以上など起こるとすれば、話は別で、3か月連続で続いたり、
累計回数が6回を超えりすると、それは事故であるということは間違いなく判断されるので、


よほどの理由がない限り、こういった払えるのに、払うのを忘れたり、
渋ったりというのは、しないほうがいいです。


返済日から2か月以上無視すると、、

返済の予定日から、2か月以上無視すると、ブラックリストに例外なく載ります
この段階のレベルは、すでに、新しいカード発行はできません。
それに、利用中のカードの枠の縮小され、最悪カードの利用停止になります。


利用停止になっても、返済は残るので、返済は続けなければなりませんし、
行き過ぎると、「期限の利益の損失」が起こり、一括返済を迫られる可能性もあります。


なので、絶対に、遅れても数日レベルに抑え、長期滞納は避けるようにしてください!
業者へ連絡すると、最悪、その月の、利息分の支払だけでも柔軟に対応してくれるので、
一度相談をしてみるといいです!


なんにしても、開き直ったり、無視するということは自分自身にもマイナスなので、
やめたほうが無難です。


一度に各社から返済だけを迫られる、精神的な圧迫感は本当に、気持ち的に参るので、
消費者金融は、敵に回さず、味方につけるというような利用方法で利用するのがベストです。


返済が遅れる場合は、業者へ前もって連絡!61日以上の長期延滞は絶対しない!

滞納しそうな時は、電話したら許してもらえるの?

上記では、支払の延滞をどうしてもする場合、業者へ連絡することは必須です。
返済が3日遅れになる場合などでも、必ず連絡したほうがいいです。


ただし、事前に説明しておけば、自分の信用情報はきれいなままかというと、
これは、アウトです。


事前にきちんと連絡したとしても、返済が遅れることは、事故情報として指定信用情報機関に記載されます。
つまり、業者に了承してもらったとしても、事故情報としては処理されるので、


他社の審査では、この事故情報は把握されるので、審査内容とは関係はありません。
なので、信用的には、通常通り遅延してしまい事故として扱われてしまいます。


ただし、業者に連絡を入れるということは、誠実さとモラルを考えると、
間違いなく業者にとって心証がいいということは間違いありません。


とにかく、連絡を取らないのは、絶対的に不利になるのでやめたほうがいいです。


たとえば、友人に5万円貸したとします。
その友人の連絡が急に取れなくなると、むちゃくちゃ不安になりますよね?


「ひょっとしたらこのまま踏み倒すつもりなんだろうか、、?」


と、心が落ち着かない感覚になると思います。
それは、業者も全く同じです。


とにかく、お金のやり取りというのは、連絡が取れなくなることや、
長期的に、延滞されることが何よりも怖い事なんです。


では、実際にどうすればいいのか?
ということですが、


実は、業者から毎月の支払いをする金額は、業者ごとに設定されているんですが、
この支払金額というのものに含まれているのは、


利息分+元本で構成されているのですが、この利息分だけでも、
返済すれば、大丈夫です。


つまり、毎月の金利は、5万円なら、750円で、10万円なら1500円
50万円なら7500円、100万円なら15,000円というイメージです。


ミナミの帝王で言う、「ジャンプ」といって、利息だけ支払い、
その返済期間を伸ばしてもらうというイメージです。


この金額だけを返済するだけでも、その月の支払で、金融事故として処理されません。
なので、自分の信用情報に傷はつきません。


これだけでもかなり違うので、基本的に、毎月の返済はほぼ確実に行いたいですね。


ざっとまとめてみると、

返済がきつい時のやるべき対処方法は?
遅れるコトは、必ず業者に連絡を入れるべし
最悪、利息だけの支払いにしてもらうべし
延滞、滞納は個人信用情報に必ず記載されるコトを理解しておくべし

これだけは抑えておくようにしましょう!