取り立てを無視して返済をしなかったらどうなるの?

返済をせずに、無視し続けると、結果的にどうなるんでしょうか?


通常は、真面目に返済するのが普通ですし、
返済しないのはもってのほかなんですけど、


興味のある人は多いと思います。
ここでは、返済を無視し続けるとどうなるのかを
解説していきたいと思います!


これは大きな声では言えないんですが、
ゼニエモンの友人の実際にあった話です。


当日〜1週間前後

返済日を1日過ぎたあたりから、電話がかかってきます。


内容は、返済日が昨日までとなっておりましたが、
いかがでしょうか?というもの。


あー返済しますんで大丈夫です、、。


というのな、対応で過ごします。
これが、毎日続く感じですね。


この間は、利息は、遅延金利となっているので、通常18%の利息が、
過ぎた日から日割りで20%となり計算されていました。


1週間〜3週間

だんだんと面倒になり、電話にでなくなることもあります。
そうすると、今度は自宅や職場に電話がかかるようになります。


自分と直接会話できる電話以外は、通常家や、職場に電話をかけることは
NGなんですが、基本的に正当な理由が無い場合に限ります。


ですから、電話が繋がらなかったり、連絡が途絶えてしまうと、
必然的に連絡を取らざるを得なくなるため、これが正当な理由となり、


職場や、実家の電話番号などを記載していると、そちらに連絡が来るようになります。
この辺で、毎日のようにかかるので、心が折れそうになるそうです、、汗。


1週間〜3週間前後

ほとんどの業者では、このまま電話催促が続きますが、20日前後で、期限の利益の喪失となります。
これは、早い話、今すぐ残責務の金額を払うように通知が来ます。


どういうことかと言うと、キャッシングをする時に、必ず、
期限の利益喪失条項という条項があるのですが、


これは、○○までに本契約に基づく債務の支払う。
というもので、つまり、定期的に債務の一部を返済していきますよ。


という意味です。
つまり、お金を借りているけれども、その返済の期間の猶予があるよという意味で、
この支払いの猶予のコトを期限の利益といいます。


これが消失、すなわち、今すぐ全額返済しなさいよ!という意味になるのが、
期限の利益の損失と、いうわけなんです。


つまり、一括返済を余儀なくされるわけなのですが、
この期限の利益の損失は、業者ごとに条件が違いますが、


基本的に返済を1ヶ月前後無視すると、例外なく、このような自体になるので、注意が必要です。


1ヶ月後〜

ここからは、個人により、違いが出るのですが、
ゼニエモンの場合は、この状態での利息を止めてもらい、月々の分割で払うことで、話がついたのですが、
父親が、これじゃつまらん!ということで、一括返済をしてくれました。


大抵は、こういった個別ごとの話し合いとなるので、一概にこうなるというコトは断言できませんが、
基本的に返済の意思があることをきちっと伝えれば、ムチャクチャな展開にはなることはほとんどないと思います。


やはり借りたものは返さないとならないというのが世の鉄則なんでしょうね。
ちなみにこれは貸し倒れ的な感じになるので、早い話ブラックリストに載りますから、


もう、どこも貸してくれなくなります。
この状態でブラックリストに載ってしまった場合でも、その業者取引中であることは、間違いありません。


ブラックリストは基本的に、その業者とのやりとりがきちんと終わってから約5年間ですから、
いつまでたっても、ブラックリストのままということですので、


損であることは間違いありません。
例え少額であっても、取引中のままでなく、きちんと取引を終えておかないと、
のちのちの自分にとっても不利であることは間違いないので、


簡単に踏み倒すことは出来ないんですね。
怖〜い取り立てがこなくても、自分自身の信用が傷つくコトはもっと怖いかもしれませんね、、、。