こわ〜い取立て、、本当に来るの?

「おい!借りたもん返すのは当たり前ちゃうんけコラ!!」
 「おどれカマボコにしたるどオラ!」
  「ワレ、ええかげんにせんと売り飛ばすどボケー!」


というような、よくドラマとかVシネマであるようなコテコテの怖い取り立て!
これって実際あるんでしょうか?


実際に、キャッシングってどこかそんなイメージってあるのではないでしょうか?
ここでは、キャッシング業界の取り立て事情について紹介していきたいと思います!


取り立ては法律できちんと規制されてます!

取立てに関しては、原則として、まとめると、
借りた人の私生活や業務の平穏な生活を害する行為は禁止となっています。
これは、貸金業法の21条1項、施行規則19条1項に定められています。
では、実際に借り手の平穏を害する行為ってどんな行為でしょうか?


朝でっせー!借金返してやぁー!は禁止

基本的に、1日の内、夜の21時以降〜朝の8時までは、責務者に対して、電話したり、
家に行ったりFAX送ったり、メール送ったりすることは禁止されています。


つまり、接触をしてはならないことになっています。
この時間帯は社会通念に照らし、不適当と認められる時間帯となっています。
正当な理由がない限り、取り立てを催促することは出来ません!


あんたの部下がうちからゼニ借りてまんねや!どないせてくれるん?は禁止

正当な理由がない限り、職場や家以外のところに自分の借金の取り立てをすることは出来ません!
電話、FAX、訪問はできません!


わしゃ返してもらうまでここにおるでぇ〜!!は禁止

もしも、家や勤務先や、それ以外とところで接触を図ってきた場合、
借り主が、ゴメン、、帰って、、という旨を伝えておきながら、帰らないのは禁止されています。


かっねかっえせ!かっねかっえせ!は禁止

メガホンでアパートのしたから「借りたもんを返さないのは君の良心は痛まないのかね?」というような、
周りに自分が借金していることをばらすような行為も禁止されています。


よく昔、ドラマなどで家の前に金返せと書いたような張り紙とかしてあるのを見たことある人がいると思いますが、
禁止されています!


あんたの息子が借金変えしまへんのや、代わりに払ってもらえまっか?は禁止

借りている人以外の人から、お金を返してもらおうとするのは禁止されています!


職場の上司や、親戚や、親から取り立てることは出来ません!


あの人から借金取り立てたいんや!協力してくれるな?は禁止

自分の知り合いなどの接触し、取り立てを協力してもらうような誘いをするコトは禁止です。


そういった情報はそもそも他人に公開してはいけませんし、協力を促すことも禁止されています。


基本的にこれらの行為は禁止されています。


あとは、箇条書きで要点をまとめると、

  • 大声を出して恐喝まがいの取立てを行うコト
  • 大勢で取立てを行おうとするコト(3人以上)
  • 実際に暴力を交えて取立てをする

こういった事も禁止されています。
なので、正直な話、取り立ては怖くありません。


ゼニエモンが返済を遅れた時のエピソード

ゼニエモンは、かなりおっちょこちょいなので、返済がたまに遅れる時があります。
こういった場合は、返済日の当日から、返済するまで毎日のように電話がかかってきます。


優しい口調で、返済日を過ぎてしまったのですが、いかがでしょうか?
的な感じです。


あー今日払うんでそれでお願いします。


っていうような感じで、対応しています。
ただ、1日でも返済が遅れた場合は、指定信用情報機関に記載されます。


なので、こういった返済日遅れで、信用がどんどんなくなっていくわけです。
やれやれですね、、。


闇金には関係ない

現在も、闇金はいます。法外な利息と、アウトローなやり方で、
こちらをガンガン脅してきます。


元々失うものがなく、恐怖で統制するので、法律に縛られませんし、
暴力団関係が多いので、実際怖いです。


基本的に、闇金からの借金は一切元金含め払う必要はありませんが、
命の危険性すら感じるので、


恐怖で感覚が麻痺する人も多いようです。
おまけに親戚や職場に行って取り立てる行為もお構いなしです。


なので、貸金業は2県以上で商売するときは内閣総理大臣の認可、
または、同じ県内のみで1県だけで商売するときは都道府県知事の許可が必要になるのですが、


これらの許可すらない闇金は今でも怖い取り立てが行われる事もあるようですね。


まとめると、まず大手消費者金融及び銀行カードローンを検討すべき!

これらを考えてゼニエモンなりの解釈で結論を出すと、
そもそも中小の消費者金融に手を出すなと言いたいです。


まず、急ぎなら、大手消費者金融という選択肢も選べますし、
複数の借金をなんとかしたい!!っていうのなら、銀行カードローンに借り換えを
検討するのがいいと思います。


短期的に付き合うのは消費者金融の方がメリットが多いコトも多いですが、
1年以上の長期にわたった付き合いは銀行カードローンの方が断然メリットが大きいので、
このあたりも検討してみるといいと思います!