親が自己破産をしている場合、自分の破産状況は関係あるのでしょうか?

キャッシングをしようと考えている人で、親が前に自己破産をしたり
していた場合に、自分もキャッシングできなくなるのでは?


と不安になる人もいるかと思います。
つまり負の遺産を引き継いでしまったような感覚ですよね。


これって、実は、全く関係ありません。
自身で自活し、安定した収入がある場合は、
親と全くもって別人として扱われます。


つまり、親のブラックリストの状況による影響は
ないと考えられるわけです。


基本的に、親の破産の情報などは、国が発行する「官報」にしか
載りません。


それに、貸金業者は、申込者の審査をするときは、必ず、
個人信用情報を受け取る際には、申込者の同意がないと不可能です。


つまり、親はこの場合無関係ですから、業者は親の信用情報の確認など
することは不可能というわけです。


もちろんあなたが、自分の信用情報の開示に同意しても、目的以外のこと、つまり
親の情報の検索をすることまでは認められていないわけです。


もし万が一、業者がその情報を確認するような行為に至った場合は、
法的に厳しい罰則を受けることになります。
貸金業者の登録が取り消されることすらありえるほどのリスクを負わなければなりません。


信用情報はそれだけ慎重に扱われているというわけですね。


結論!!に親は親、子は子として別として扱われる!

結論としては、親と、子は別人として扱われます。
ただし、自己破産をした場合は、国が発行する唯一の機関誌の官報に記載されます。


官報HP

これは、誰もが手に入れるコトが可能です。

もし、業者が、官報を調べて、
親の自己破産情報などを詮索して、


申し込みまで徹底したい!
その上で、自己破産を親族でしている人が
いるのなら、


審査を落としたいという方針であっても、
それは業者の自由なので、


文句は言えないし、実際にやっている業者も
いるかもしれません、、。


ただ、言えることは、ここまでの労力は、
絶対に割に合わないコトは明白なので、


多分やっている業者っていないと思います。
なので、実際親の自己破産などによる自分自身の信用情報の低下はないと考えるべきです。