キャッシングは1社?それとも複数の業者がいい?

キャッシングって1社から借入するのと、複数から借りれするのってどっちがお得か?
これをこのページでは、解説していきたいと思います。

結論的には、もうお気づきと思いますが、
やはり1社から借入する方がメリットが多いです。
ですが、どうして1社だけから借入する方がいいのかメリットを正しく理解している人は、
あまりいないのではないでしょうか?

このページで徹底的に解説するので、興味のある人は是非読んでくださいね!


利息制限法による金利の差による損

まず、一番大きな違いというのが、金利の違いではないでしょうか?


実は、一見何の関係もなさそうに見える金利ですが、
1社から借りる100万円と2社から借りる100万円では、
また、ケースが違ってきます、、。


そもそも、金利制限法では、金利は10万円以下の貸出では20%まで、
50万円までなら、18%、100万円までなら15%と決まっています。


利息制限法
これは、複数の業者から、合計100万円以上借入がある人限定に限定されるのですが、
現在の実質年利は、利息制限法の元各業者設定されています。


この利息制限法は、借入残高によって、利息が変化するというものです。
金利は、固定金利なのですが、借入枠がある金額以上になると、
利息に制限がかかるというものです。


この金利は、
借入枠が10万円未満の場合は、金利上限が20%
10万円以上100万円未満の場合は、金利上限が18%
100万円以上が金利上限が15%となっています。


つまり、2社から100万円借入をしていて、借入枠が50万円ずつと考えると、
金利は、18%となります。


1社から100万円借入をしていた場合は、金利は15%です。
つまり、この時点で損をしているコトが分かりますよね。


なので、現在複数の業者から借りている人は、金利で損をしているケースが
多いです、、汗。


精神的にしんどい

これは、実際の数字による損というより、精神論的な考えなのですが、
複数の業者に返済をする時って、実は、かなり精神的にきついです。
1社に3万円を返済するのと、3社に1万円づつ返済する方の方が
正直、面倒ですし、気持ち的に追い込まれます、、。


口座振替なら、現金を見なくて済むのですが、
手に持って、現金を返金する場合って、かなり損をしたような気分になるので、


あまり、いいことではありませんね。


借入状況などの管理が面倒、、

いつ返済が終わるのか?という管理が複数業者借りている場合は、
正直いってかなり面倒です、、汗。


さらに返済日が違う場合も、これを覚えておくのが面倒ですし、
管理がいろいろと面倒です。


その返済日の度にATMに行くのも面倒なので、やはり、1社で管理出来ることに
越したコトはないというわけです。