確定申告書ってなぁに?

確定申告書は、国に対して、今年は、このくらい儲けました。
このくらい経費がかかりました。

 

利益の金額が確定したので、この利益に対しての所得税を払わせて下さい。
という書類です。

 

ここでは、キャッシングのサイトなので、個人が提出する確定申告書として
紹介します。

 

確定申告書

 

なにが面倒かというと、自分で申告しなくてはならないという部分です。
国が勝手に、自分の所得を調べて、それに対し、税金を○○円払ってねというのなら
簡単なんですが、

 

自分自身で、自力でやったり、税理士を雇ったりなどで、自分で申告しなくてはならない
という部分がかなり面倒です。

 

基本的に確定申告書というのは、一律で納期が決まっています。
例えば、平成24年の1月1日〜12月31日までの確定申告なら、

 

提出期間は翌年の2月16日から3月15日までとなっています。

 

確定申告の提出期限

 

ちなみに、この2月15日以前、3月16日以降に提出した場合は、
基本的に以前だと、過誤納金として扱われ、以降だと、無申告加算税がプラスされるため、
注意が必要となります。

 

なくしたり、再発行したい場合は?

基本的に、確定申告書は、自身で書いて出すか、税理士に書いてもらうかです。
ゼニエモンは、税理士に書いてもらっていますが、

 

基本的に、自分自身の場合は、コピーの控えを持っているか、税理士に作ってもらった場合は、
コピーをもらえるのと、高確率で、事務所へ保管されている可能性が高いので、

 

それのコピーをもらえばOKです!

 

もし自分で作成して、自分で提出し、なくした場合は、税務署へ行くしかありません。
この場合は、税務署へ足を運んだだけではコピーすることは出来ません。

 

この場合は、保有個人情報開示請求書を総務課の個人情報保護窓口に提出すればOKです!
http://www.nta.go.jp/sonota/sonota/kojinjoho/tetsuzuki/5187pdf/01.pdf

 

このURLから、プリントアウトして行けば、家でゆっくり記入出来るので、便利です。
ちなみに、請求する内容は、平成□□年分の所得税の確定申告書第一表及び第二表と記載しておけば大丈夫です。