源泉徴収票ってなぁに?

源泉徴収票は、簡単に言うと、会社が国に対し、従業員の所得税を証明するための
書面です。

 

2通ほど作る必要があり、1通は、税務署に出し、もう1通は従業員に渡す必要があります。
この下の画像を見て下さい。

 

こういう紙を会社からもらったことはないですか?
これが、あなたの年度の収入を証明する源泉徴収票になります。
源泉徴収票

 

源泉徴収票は、3種類あり、
給与所得の源泉徴収票と、退職所得の源泉徴収票と、公的年金等の源泉徴収票がありますが、
このサイトで必要な情報は、給与所得の源泉徴収票「※以下源泉徴収票」であるので、

 

残りの2種類の説明は除きます。

 

源泉徴収票っていつもらえるの?

源泉徴収票は、1月1日〜12月31日までの1年間の給料の支払い金額に対して、
所得税が○○円かかって払いましたよ!っていう記載があるのですが、

 

年末調整が、された場合は、扶養になっている家族の数や、社会保険料の年間の
金額も記載されます。

 

これを、翌年の1月31日までに交付しなくてはならないため、通常、
1月の仕事始めから、その月の末までにもらえます。

 

もし途中に退職していた場合は、辞めた、退職日から1ヶ月以内にもらえます。

 

え?いや今ないんだけど、どうやったらまたもらえるの?

基本的に、源泉徴収票は、会社が税務署と、私たちに発行しているものなので、
なくしてしまった場合は、元となる電子データ、もしくは紙ベースが保管されているので、

 

再発行してもらえます。

 

会社に頼めない場合は?

会社に頼み辛いという場合は別の方法もあります。

 

平日市役所へ行き、市や県民税の課税通知書をもらえばOKです。
これに昨年度の年収が書いてあります。

 

これでも同様の証明が可能ですが、業者によってはNGなところもあるので注意が必要です。

 

 

 

市・県民税納税通知書も年収証明になることも、、

市・県民税

市・県民税の納税通知書も昨年度の年収の記載があります。

 

 

 

これも年収の証明になるので、手元にあれば、年収証明書になるのかの確認をしてみたら
いいと思います。