萬田銀次郎は、鬼か仏なのか?生き方、名言を元に考察してみた



ゼニが無いのやったら 客の車叩き売ってでも作らんけえッ!などの
名言で有名なミナミの帝王ですが、


この主人公である、萬田銀次郎は、
このサイトのテーマキャッシングの思いっきり闇である


闇金業者を経営しています。
萬田銀次郎自身が、闇金融はなく、と名乗ったり、萬田金融といったり
田銀行と言ったりで、正しいサービス名というものは存在しません。


ゼニエモン自身は、そんなミナミの帝王が大好きで、
単行本も電子書籍も全巻持っているほどの大ファンです(笑)



金利の方は、べらぼうに高く、
金利も豪快で、10日に1割の利息がつくんです(笑)


つまり、100万円借りると、その10日後には、10万円の利息が付きます。
すると、元金が110万に換算され、その10日後には11万円の利息が付きます(笑)。
ただしこの場合は、110万円に対して、10万円を返済、もしくは全額返済、利息分に加え多少の元金を返済するしか方法はありません。


ムチャクチャ高い金利ですが、審査基準は、ほとんどなく


貸してください!!

持って行きなはれ!!(現金を渡す)


というようなノリで、すぐに貸してくれるというのが売りです。


この10日で1割の利息をトイチというのですが、実は、ゼニエモンも過去利用したことがあります。
借りた金額自体は、5万円だったのですが、間違いなく借入前よりも状況は悪化します。
元々究極の金欠の状態で、すでに慢性的にお金がない状態で、お金を用意できないから利用するものに対し、
こうった法外な金利は、より状況を悪化させてしまうものなので、絶対に借入をしてはいけません。


ここで、トイチでお金を借りたことを想定し、尚且つ元金も金利も返済しなかったとします。
例として100万円借入して借金が膨らんでいくというものをグラフにしてみました。
ここで紹介するのは元金を返さないパターンの金利の伸び方です。


トイチの借金の増え方


このような構図になり、4ヶ月目で、285万円、8ヶ月目で、895万円、1年で、2810万円という金額になり、
なんと、元金の28倍に1年でなるという素晴らしい結果です(笑)。


ゼニエモンの返済の仕方は、5万円を2万5千円払い、次に、3万3千円払って終えたわけですが、
正直、この利息は高すぎます、、汗。


この図のように利息も凄まじい勢いで増えていくので、正直、こんなところと取引なんでできるわけないですよね。
ちなみに年利で言うと、年利365%という超暴利です(笑)。


実は、闇金からの借金は返す必要がない

ちなみに、どっからが闇金かというと、出資法に定められている、29.2%以上の金利を取る業者のコトをいいます。


これを超えていると、貸金業登録を受けていたとしてもヤミ金業者です。
なので、残念ですが、萬田銀次郎も立派なヤミ金業者です(笑)。


ヤミ金の借金は返す必要性が全くない!

実は、ヤミ金からの借金は、法的に、返す必要はありません。
というのも、平成20年の6月に、ヤミ金業者の利息についての賠償を求めた訴訟で、


最高裁は、社会の倫理や道徳に反する行為は法律上許されない、とされ、利息分と元本を賠償請求出来る
という判断を下しました!


つまり、わかりやすく言うと、
ヤミ金業者から、借りたお金は返す必要がない!利息も支払った分は全て返金するコトが出来る!
ということです!


つまり、萬田銀次郎から借りたお金は、返す必要がなく、利息も払う必要がないというわけです!
ということは、仏というのでしょうか?(笑)。


ヤミ金も違法を承知の上、過酷な取立てを行う上、こっちが返済が難しいと知っていながら、貸し出し、
本人の周りにも迷惑をかけます。


日本人って結局、世間体を気にするので、借用書があり、出資法の上限金利を請求していないと
水掛け論を繰り広げ、タカリを繰り広げられるので、


家族や、親戚に相当な迷惑がかかってしまうということは言うまでもありません。


払わなくても法的に守られるとしてもあまりにもリスクの高い行為であるので、そもそも関わらないようにすべきです。


このようなコトを言ったとしても、人間追い込まれたら、思考が麻痺します。
お金のことになると、本当に、その時に開放されても、また次に支払い日が迫ってきますから、
そのことを考えるだけで、尋常じゃないストレスを感じ、仕事に全く注力できず、給料日が怖くて仕方ない状態になります。


正直、ヤミ金でお金を借りる行為自体、すでに、借金状況によって、他の返済の為の借入なので、
手に入るお金も右から左になっているコトが大半です。


その中で、萬田銀次郎のような美談で返済もできてめでたしという、金融業者がいてくれればまだマシですが、
絶対にありえません。


じゃあ、結局は萬田銀次郎は、単なる鬼ではないのかと感じますが、
鬼の部分もあり仏の部分も持っている魅力があります。

萬田銀次郎の魅力

萬田銀次郎は、実は仏の部分も存在ます。
これだけの金利を取っていて、どうして仏なのかというと、借入者にとって利益になるコトも行っているからです。
どういうケースがあるのか一例を紹介します。

払わなくていい支払いの為の借入に対して逆に話をつけてくれる


お金を借りたいと相談にきた人に対して、そのお金を何に使うのかと理由を聞くケースも多いです。
その理由によっては、貸し付けるコトが不要と判断するケースがあり、不要な場合は、そのまま相手に話をつけてくれるというコトがあります。
これに対しては、無料で行うコトもありますが、貸付する予定だった金額の1回分の利息のみもらう場合があります。
このお金を取る取らないというは、相談者が善意に対して騙されているケースは無料、下心がありそれに騙されてしまってお金が必要という場合はバックマージンをもらうという違いがあります。


事業を育ててくれて成功させてから徴収する


これは借金をさせるコトをすすめ、その借入者が成功するのを確信し、自身が成功までをサポートするケースの貸付です。
萬田銀次郎の先見力があることではじめて実現する話なのですが、2パターンあり、何か儲け話がないのか相談された時と、
この事業をやりたい!でもまとまったお金がない、、というケースです。
どちらにしても萬田銀次郎は、人を選びます。その人の才能や発想、覚悟を瞬時に判断し、成功できると自身で確信を得たときのみ貸付をします。


借入させて、そのお金をだまし取った人に対して取立てをする


借入をして、そのお金を騙し取られた場合のみ、このパターンは起こります(笑)。
騙された理由、主に悲惨度によっても取立てる金額が変わってきて、借入した人に取り立てて余ったお金を残してあげるコトもあります。


番外:貸付を断るコトもある

どんな人に対してもお金を貸すのが萬田銀次郎と考えられがちですが、
貸付を断るケースもあります。

この場合は、遊びではなく事業資金として、付き合いの長い人に対して言ったセリフです。
理由としては、お金に余裕がなく右から左、焼け石に水の状態のお金に対しては、
取立てをして苦しめたくない思いに加え、もう倒産することが目に見えている状態と判断したため、貸付を断っています。
きつい取立てをしてでも回収出来るという人に対しては、貸付をしますが、回収不能に加え、お金の貸し借り以外の付き合いがあるという人は、貸付を断るコトもあります。


萬田銀次郎の個人的に好きな名言集

ここで、ゼニエモンの個人的に好きな萬田銀次郎の名言を紹介していきます。
本当に、今を生き抜くという意味で勉強になることが多いので、ゼニエモン自身の見解と一緒に特に肝に銘じているものをいくつかピックアップしてみました。

上がり調子の時こそ気持ちを引き締める言葉


人間、上手くいったら、調子に乗ってしまいがちで、他人から見ればひと目で分かるものであるのに自分では一切気づけない状態というものはあります。自分の周りの他人を見て、あぁ、、あいつそうだよなぁ、、と感じる人もいるのではないでしょうか?ですが、同様に他の人もあなたのコトをそういう風に見えているかもしれません。事業や恋愛も含め、うまくいくとお金や人に対しての付き合い方が雑になってきます。価値観も変わり、自分を過剰に評価してしまうコトもあると思いますが、これは大きな間違いで、人間は、人に助けられて生きています。こういったときにこそ気を引き締めていつもよりもより慎重に物事を考えるようにしましょう。

  • 実るほど頭が下がる稲穂かな
  • 勝って兜の緒を締めよ

2つのことわざを組み合わせたような意味で個人的に一番好きなセリフです。

何に対しても粗末にするものに対し、報いを受ける時が来る


これは、お金に対してのコトを言っていますが、全ての事に共通しています。
何かに対して、雑に扱ったり、自分の身の程を超えるコトをした場合は必ず、報いを受ける時が来るということです。
ゼニエモンの昔の話ですが、借りたお金で豪遊したり、人に対しかなり雑に扱ったりしたことがあります。
人に対しては10代最後の頃で、いつしか自分の周りに誰もいなくなり、ものすごく孤独な時期がありました。
お金に対してもそうです。当時は借入できる金額が大きかったので、万単位でしかものを考えれずに、10円以下は、財布がパンパンに邪魔だからという理由で道路に投げ捨てたりしていた時期がありました。
これに対して、やはり報いを受ける時が来たのは言うまでもありません。
この経験があったからこそ、今は、人にしろお金にしろ、とても大事にしています。
ゼニエモンの経験でしかここでは言えませんが、考え方を改めて何事も丁寧に接するコトで報いを受けるどころか、逆に円滑にうまく物事がいくコトが、いくようになりました。
本人の気持ちの持ち方が変わったことも大きな理由だと思いますが、これは難しいことではないので、心当たりのある人は是非実践して欲しいです。


人生いいことも悪いことも同じだけ起こりうる


人生の差し引きはゼロである。悪いことをしていい思いをしてしまった人は、いずれどこから償いをする時が来るということです。
するのであれば、早く来た方が軽く済むということですが、ゼニエモン的にこれはすごく共感していることです。


結果的に、萬田銀次郎は鬼なのか仏なのか?

ここで、話を整理しますが、結局は、お金を急場で貸してくれるから、救世主というわけではないです。
そもそも、ヤミ金で借金をするレベルって借金が大きくなり、雪だるま式に増えている人が大半です、、汗。


ゼニエモン自身もこの時の思考はすでに死に体になってため、まともな考え方ではなかったと思います。


ゼニエモン自身も借金の為の借金が膨らんで行きましたが、本当に最後の最後で、
頼るべきところは、弁護士や司法書士です!


任意整理や、個人再生、自己破産により、借金から解放されることは合法的に可能です。
社会的な信用自体5年程度失いますが、その期間にしっかりと生活を立て直す為の期間と思えば、


カードやローンができなくなるこの期間をむしろプラスと考えてもいいと思います。


結果的に、漫画での萬田銀次郎は、鬼という結論ですが、行き方の美学は、ゼニエモン的には仏だと考えています。
魅力としては、

  • 誰に対しても、分け隔てなく接する
  • 利息以外での利益は一切もらわない(数ケースほど例外あり)
  • 自信に満ち溢れていて、何があっても信念を貫く

ここに対して、本当に魅力を感じています。

結論:事業は鬼だが生き様の美学は仏