キャッシングやクレジットカードなどの借金を堂々と踏み倒す方法を紹介

このページでは、あまり堂々と言えないのですが、
キャッシングやクレジットカードで借金したお金をそのまま踏み倒す事は出来るのか?

また踏み倒したらその後、どうなるのか?
ということを解説します。

ただ、やはりあまり褒められる事ではないのは間違はありませんので、
悪用しないようにして下さい!

踏み倒しをした場合のメリットやデメリット

踏み倒しのメリット

・借りたお金を返さないでいい


踏み倒しのデメリット

・ブラックリストに記載される
・時効後は、時効の援用を行わないと、一生他からの借入は出来ない
・催促状などはずっと届き続けるので、後ろめたい気持ちと精神的な圧迫が続く
・巨額の場合は裁判になる。


このように、メリットとデメリットを言ってしまえば、圧倒的にデメリットの方が大きいです。
信用情報の回復などを考えても、自己破産自体は、約7年程度あれば、信用情報はまっさらになります。
踏み倒しの場合は、時効を利用することが必須なので、最低でも5年以上はかかりますし、
時効の援用を利用しない限りは、信用情報が回復することはありません。


踏み倒しまでの手順

踏み倒しまでの手順は、至ってシンプルです。
返済をやめてしまうだけです。

今、借入出来るお金を全て借りておく

ただし、返済をやめてしまって1ヶ月程度経過すると、新しく、借入をストップされる可能性が高いので、
悪いことを言ってしまえば、出来るだけこのタイミングで借入をしておくコトがポイントです。


口座の振替設定を停止する

返済を口座振替にて、引き落としをしている場合は、これを停止し、
振込での返済、もしくはATMだけの返済のみに設定しておきます。


銀行カードローンの場合は、その銀行の預金を全て出金する

銀行カードローンの場合に、例えば、キャッシュカード付帯のカードローンを利用していたり、
カードローン以外に、貯蓄口座にしている場合や、メインバンクとして利用している場合は、
これを変更し、どのカードローンも付帯していない銀行口座へと資金を移します。
どうしてかというと、銀行カードローンの場合は、踏み倒しの際に、保証会社が代位弁済といって、
代わりに保証会社が返済を全て行いますが、もし、銀行口座に預金がある場合は、こちらから借入金額と預金を相殺するため、
全て返済に当てられます。
その残額を保証会社が返済する形になるので、先に銀行口座から全額抜いておくということに加え、
給与の振込口座などに設定している場合は、他の口座へ変更しておかないとなりません。
ただし、代位弁済が行われた後は、保証会社とのやり取りになるので、再度入金しても問題ありません。


勤め先をやめたコトを伝える

携帯電話などの普段やりとりをしている連絡先に、連絡が取れなくなると、
業者側は、会社に電話をしてくるようになります。
通常、キャッシング業者は、返済などの催促の場合は、例外の除き、第三者への連絡はできないようになっています。
本人に連絡が取れない場合は、この例外に該当するので、会社などへ連絡が可能になります。
なので、借入を出来るし終わった場合は、勤め先を自営業に変更したという旨を伝え、自身の携帯電話の番号が、
自営業の事業用と兼用というコトを伝えれば、完了です。
ここで、安定した収入先が変更となるので、再度審査が行われ、ほぼ確実に、現状の枠よりも小さくなり、借入限界まで
借りていた場合は、貸付が停止となり、今後は、返済オンリーとなります。


固定電話などで登録している場合は、携帯電話のみの連絡に変更する

実家などの固定電話で登録している場合は、連絡先を自身の携帯電話のみとし、
現在の登録している固定電話は解約した旨を伝えます。


上記の用意が整ったら

上記の準備が整った状態になると、結果的に、現在借入可能だった金額を全て借入している状態であり、
連絡を取れる連絡先が、自身の登録住所に加え、自身の携帯電話のみとなります。
ここまでの準備が整った段階で、返済の停止をします。


返済の停止をしてからしてはいけないこと

返済の停止をしてから絶対にしてはいけないことがあります。

  • 1社あたり50万円以上借入しておかないこと
  • 返済の意思をみせること
  • 1円でも返済をしてしまうこと
  • 配達記録付きの内容証明は留守を使い、受領しない※民法97条1項

です。これをしてしまうと、通常5年で時効を迎えますが、時効の中断の口実になるため、
絶対にやってはならない項目です。
まず、50万円以上借入している場合は、給与などの差し押さえ請求などをされる可能性があり、
差し押さえに加え、時効の中断となるので、
可能性は0ではありませんが、50万円以上の借入はやめておいたほうが無難です。


そして、配達記録付きの内容証明は、受領せず、相手に返送されても、中身を見ていない場合でも、
到達してカウントされるため、届いた場合は、本人ではない旨を伝え、再度配達をお願いし、
再配達依頼をかけず、再度配達された場合は、留守を使って、本人に到達していないということを
証明する必要があります。
かなり難しいのですが、本人は、あくまでも請求されていないという立場を貫く必要があります。
※参照先:WIKIBOOKS 民法97条1項



返済を停止し、1週間程度の状態

まず、最初の段階として、毎日自分の電話番号に、電話が、午前8時から夜の9時までの間に何度も掛かってきます。
この電話は、無視しておきます。
最終的には、時効にしなければ、いつまで経ってもこの負債は消えないままなので、
電話に出て、上記で説明していますが、明日返済するや、返済の意思を見せることはしてはいけませんし、
とにかく簡単言うと、負債に関しての話は一切しないようにしなくてはなりません。
録音により、返済の意思があるという証拠に繋がる為、ここは一切の無視を貫く必要があります。
一番手っ取り早いのが、電話を無視することです。


さらに、この電話が煩わしく感じ、新たに携帯電話を持ちたいという場合は、
自分以外の名義の携帯電話などを使うようにしないと、本人の情報開示により、
携帯電話を調べられた場合は、そこへ電話がかかってくるようになるので注意が必要です。


返済を停止し、2ヶ月以上がたった状態

この状態でもずっと電話は毎日掛かってきます。
そしてこの状態になると、銀行カードローンの場合は、保証会社が代位弁済を行い、
債権者が、保証会社に変わります。
消費者金融の場合は、このままです。
ここから、「期限の利益の喪失」というものが発生します。
これはどういうことかというと、完済までに例えば8年かけて返済するものを、一括で返せというように、
分割で返済するコトが可能な権利を失ってしまうということを指します。
これによって、一括返済をしなさいよ!という請求に今度は変わりますが、これも、無視を続けなければなりません。
毎日電話もかかってきますし、催促状も月一ペースで届きますし、
この頃から、配達記録付きの内容証明も送られてくるようになります。


1年以上が経過している状態

この状態でも毎日電話はかかってきますし、郵便に催促状が送られてきます。
これも無視を続けないといけません。


2年以上が経過している状態

2年以上が経過した場合は、借金をしている業者にもよりますが、
債権譲渡により、請求先が、債権回収専門業者に変わるコトがあります。
大抵の場合、茶封筒ですが、赤い封筒で届く事もあります。


内容としては、〇〇(業者名)からまだ返していない金額あるやろ?
それうちが回収することになったから、返してもらうわ。
この連絡無視したら、裁判起こすことも検討するで。
まずは連絡してくれ。


といった旨の手紙が届きます。
これは、もう無視するより他ありません。
ペース的には、2〜3ヶ月に届くペースですが、これは定期的に送ってきます。
途中で引越しをした場合は、1年以上は届かない事も多いですが、
やがて届くようになります。


この状態で5年以上が経過している場合

この状態が、貸金業者(銀行カードローンの保証会社含む)5年以上続くと、時効となりますが、
中断されているのかどうかもチェックしてみないとなりません。
電話自体の回数は減りますが、それでも電話は未だにかかってくる状態です。
そして時効の援用が出来るのかどうかということを専門家に依頼し、時効の援用を行う必要があります。


これで時効の援用を行えば、晴れて踏み倒しが成立するというわけです。


勝手に時効が中断になっていることってあるの?

勝手に時効になるという事はないのですが、時効が近くなる時に、裁判所からの出廷の要求される手紙が来る場合があります。
これは、要は業者側が時効の延長を申請する裁判のケースが多いです。
この場合、出廷命令を無視しても、時効の中断の判決が下っている場合が多く。
本人自体は自覚はなくとも、10年の延長をされている場合があります。
この場合、踏倒しまでに15年も年月が必要になる上、さらに信用情報自体は、契約が時効として終了した履歴は、
消してくれない業者の場合は、5年間情報が保持されるため、20年ほど新たな借入をするときに果てしない年数が必要となってきます。


踏み倒し後はどうなるの?

踏み倒し中の信用情報は、どこからも借入出来ないレベルにまでなります。
どういうことかとうと、ちょっとこちらの画像を見てください。


途中から返済が滞り始めた信用情報開示報告書
これは、CICの信用情報開示報告書です。
通常に返済をしている場合だと、$マークが付くのですが、
滞納をしてしまってからは、Aマークや、Pマークが付いています。
Aは滞納をしたが、支払った場合。
Pは、返済を一部の入金のみにした場合に付きます。


となっていて、返済をやめた場合は、このマークに「C」というマークが記載されます。
このCというのは、入金もないし、その理由もわからない状態で付くため、
このCが一度でも記述されると、今後ローンは一切組めなくなります。
マイカーローンや住宅ローンはおろか、クレジットカードも作ることは出来ません。


これを解消するには、時効の援用が必須となり、これをしない限りは、ずっと「C」が記載され続けます。
時効の援用を行う事によって、契約終了となり、契約終了となります。
ただし、契約終了後、この情報の
保有期限が、5年間なので、「C」が続き、突如、契約終了になるため、踏み倒しをしたことは明白です。
それに、5年間情報は保有されるので、この間ももちろんローン契約は出来ません。
信用情報の記載を消すように、業者と交渉をするしかなく、消してくれる場合は、2ヶ月程度で消えますが、
かなり手間が掛かってしまいます。


キャッシングの踏み倒しについてゼニエモンのまとめ

踏み倒しは、ここまでを読むと、不可能ではないが、かなり難しい上、信用情報のダメージがかなり甚大なものであるということです。
得られるものと、失うもののギャップが大きすぎるのも特徴です。


上記で説明しましたが、
時効の延長をされている場合は、時効までに15年間時間がかかる上、
信用情報を消さないまま契約終了する業者の場合は、5年間踏倒し情報が残ったままなので、
20年間は、新たな借入も出来ません。
もちろん、ローンを使い、家を買うこともできませんし、車も買えません。
ずっと現金払いしかできず、ゼニエモンの知人の場合だと、奥さん名義で車を買いローンを組んだり、
人にローンを代わりに組んでもらおうとしている輩も多いです。
踏み倒した額は少額なのに、正直割に合わないと感じる人も多いです。


この場合は、無視し続けるよりも、精神的には考えたくもないので、かなりしんどいのですが、借金に真っ向から向かい合い、
債務整理を行い、借金を圧縮、又は帳消しする方の方が、はっきり言ってしまえばメリットもあり、楽ですし、
何より後ろめたい気持ちからは解消されます。
ゼニエモンも滞納経験があるのですが、踏み倒しまでしらばっくれるというのは、かなり精神的にもしんどいものがあるし、
現在、クレジットカードやローンという使い方によっては、便利なものがあるのにも関わらず、これを利用出来ないのも、かなりデメリットがあると考えられます。
どれだけ億劫で、考えるのも嫌な状態でも一度、キチンと自身の借入を向き合うコトを考えなければなりません。


なので、踏み倒しは不可能ではないが、やるべきではないという結論で終わりたいと思います(笑)。