怖い取立てって本当に来るの?

借金の取立て

現在、消費者金融から借入をしている人で、不安を感じられる人が多いのが、
借金の取立てです。

借金の取立てって、ドラマや映画を見ると、めっちゃ怖かったりしますよね、、汗。
このページでは、消費者金融から借入を行った場合、もし返済が滞ってしまったら、どうなるのかを

解説してきたいと思います!!

現在、取立て行為の規制は法で整備されています。

一昔前に、大手でも、武富○などで取立てが半端ないと騒がれていたコトがありましたが、
現在は貸金業法の21条1項、施行規制19条1項によりキチンと規制されています。


ちょっと説明が難しくなるような感じなのでざっくりと簡単に紹介したいと思いますが、
不備に感じるようでしたら、お問い合わせフォームよりお問い合わせいただけたら幸いです。


朝っぱらとか夜遅くにちょっかいかけたらアカンで!

まず最初に、21時から、8時までの間に、借りている人に、電話をしたり、FAXを送信したり、家に行ったりしてはだめです。
ようは21時から8時までの間にちょっかいかけたらダメってことなんですね。


このちょっかいを出してはいけないのが、借りている人に電話や、FAX、自宅、勤務先などを指し、
電話やFAX、家に直接訪問などは一切禁止されています。


また、正当な理由がない限り、この時間以外でも電話やFAX、自宅訪問は禁止されています。
この正当な理由というのは、本人と連絡が取れなくなったときを指します。


勝手に他の人にっちょっかい出したらアカンで!

基本的に正当な理由がない限り、本人以外と連絡を取ることは一切禁止されています。
自宅や、会社などに電話や、FAX、電報や訪問してはいけません。


契約している本人の周りにコンタクトを取ることは一切禁止されているんですね。


帰れ!言うたら帰らんとアカンで!

本人ともし、連絡が取れなくなった場合は、自宅や会社に連絡をするコトが可能になります。
その際に、自宅や会社に訪問し、その場から退去するように言われたらこれに従なくてはいけません。


外で刑事ドラマのようなアンパンと牛乳を食べながら双眼鏡で張り込みしてても、本人が帰れといったら
帰らなくてはなりません。(張り込みする業者は正規業者では間違いなくいないです(笑))


ワシ借りてるコト他の人に言うたらアカンで!

張り紙や、立て看板やその他の方法で、借入していることを他の人に明らかにする行為は一切禁止されています。
金返せ!みたいな張り紙を家の扉に貼られるような他人の目を気にしないといけないような嫌がらせは一切禁止されています。


返せへぇへんならワシがええとこ紹介しよか?

他の人に借入を求めたり、他からの現金を借入などの要求は禁止されています。
おい、お前漁船1年乗ってこいやとか、お前みたいなんでも融資してくれる金融があんねや。
というような、返せなかったら他の職業や、借入を斡旋するようなコトは一切禁止です。


あんたんとこの息子の借金返してや〜

本人以外の人に代わり、返済を要求するのは禁止されています!
嫁、子供、兄弟、親戚、職場などから要求は一切禁止されています。


○○(債務者)と連絡とってくれるか〜?

債務者以外の人が、債務者の住所を教えたり、これを拒否している場合にさらに債権の取立ての協力を要求することは禁止されています。
歩いている友人が、突如車に拉致られて、ジャック・バウアー並の尋問をされるコトは禁止されています。


あんた弁護士に依頼せたやろ?ええ度胸してんな。ホンマにそれで通ると思ってんの?

債務者が、貸付の契約に基づく、債権に関わる債務の処理を弁護士等に委託したり、その処理の為に、裁判所での民事事件に関する手続きをとった場合で、弁護士や裁判所から書面で、その旨の通知が業者にされた場合は、正当な理由もないのに、債務者に対して、電話したり、電報、FAX、訪問などを債務者から直接要求しないように言われたのにもかかわらず、さらに弁済を要求する事は禁止されています。


ええか?ワシは取り立てるためやったらなんでもやるで!

上記の行為を言動をするコトを告げるコトは禁止されています。
要は禁止されている行為を実行するぞ!と脅しをかけることも禁止されています。


つまりまとめてみるとバイオレンス性は全くない

まとめてみると、全く血の匂いがせず、バイオレンスなことやタコ部屋に売られたり、ソープに沈められたり、臓器を売られたり、殺されて生命保険で支払われたりするようなコトは一切ありません。


基本的に、デフォルトだと、どの業者も返済が遅れた場合のコンタクトは個人の携帯電話にかけなければなりません。
ただし、個人の携帯電話がない場合は自宅にかかってくるもしくは書面での送付になります。


法律はわかった!でも実際にはどうなるのかリアルに知りたい!

実体験を元に解説すると、電話はまず最初に返済日に振込がなかった場合、もしくは返済されなかった場合に電話がかかってきます。
電話の対応は女性や男性オペレーターなんですが、主に女性がなぜかゼニエモンの経験上は多かったです。
男性だと頭ごなしに言い返すような輩が多いからかなってちょっと思いましたが、これはよくわかりません。


かなり丁寧な対応で、こちらがキチンと返済の旨を伝えるとキチンと対応してくれますが、毎日催促の電話はかかってきます。
なので、返済を怠るとかなり面倒といえば面倒です。


返済が難しいようならその旨を伝えると、利息分だけでもいいからというような対応もしてくれるので、どうしても返済が難しかったら相談してみるのもいいと思います。


来週返すから電話してくんな!みたいな頭ごなしに言い、電話を着信拒否すると、家か職場に電話がかかってくるので、この辺は注意した方がいいです。


周りに迷惑をかけたくない場合は、電話対応すべきです。
向こうもやはり教育を受けた電話オペレーターですし、サラリーマンなのでヤ○ザではないですし、


相談にものってくれるので、催促するウザイ敵というよりは味方と考えたほうがいいでしょう。


どうでもいい話なんですが、昔飲み屋で働いていた娘が、昼間の仕事で消費者金融の電話オペレーターをやっていたという娘がいたんですが、文句言われたり愚痴られたりしてちゃんとした対応してくれる人が4割程度で結構大変みたいです(笑)


逆に言ってしまえば、法律は現在、借りた債務者の方に優しい法律になっています。
ただし、返済を怠れば、ブラックリストに載ってしまい、他から借金をするコトができなくなるので、


車を買ったり、家を買ったりと大きな買い物をするチャンスも同時に失うコトになるので、
ある意味これが一番恐ろしいですね。


ただ、取立てが1日でも遅れたら、、と懸念されている人は安心して大丈夫です。
ただし、闇金から借入した場合は別です。


なので、まずは貸金業の登録番号を事前にキチンと登録されているのかどうかというのを事前に調べて
申込をしましょう。


ゼニエモンの経験上、キャッシングかカードローンで検索して検索上位に来る業者は大丈夫ですが、
掘れば掘るほど胡散臭い業者にたどり着きます。


ですが、現状で、闇金をほぼネット上で借入を探そうと思えば、通常の探し方なら皆無なので、心配はそこまでいりませんが、一応、貸金業者に登録されているのかどうかは確認をした方がいいですね。


参考までに紹介しておきます。
貸金業者情報の検索出来るページ
各財務局や都道府県の問い合わせ一覧ページ