キャッシングしててそのまま死んだらどうなるの?


キャッシングをして借入をしたまま死んでしまうとどうなるんでしょうか?



多分実践する人って間違いなくいないと思いますが、
どうなるか知りたいっていう人も多いかと思います。


このページでは、キャッシングで借入で返済中の人が、
急死してしまった場合一体どうなるのかを解説しています。


まずは大手消費者金融2社に問い合わせてみました。


死んだら払わんでええの?

某大手消費者金融2社に直接問い合わせしてみました。


基本的には、個別対応となり、必ずこうなる!というようなコトないみたいで、
取り合えず、他界したコトが分かるまで、返済の催促状は届くようです。


そこから、遺族と個別での対応となるので、どうなるのかは、個々により違いがある
というような返答でした。


あまり、2業者ともキチンとした明確な答えではなかったので、
これ以上他業者に電話しても拉致があかないと思ったので、


ゼニエモンの知り合いの弁護士の方から意見を聞きました。


以下でもっと詳しく説明していきたいと思います!


民法の相続に関する解説

最初にちょっと難しい話をしてしまって申し訳ないのですが、
キャッシングで借りたお金があるまま死んだ場合は、その人の財産の相続が問題となるます。


民法は、遺言によって、自分の死後の財産の行方を決めるコトが出来ますが、
急死によりそれができない場合もあります。


しかし、法定相続といい、一定の方法に従い、死者の相続を一定の近親者に継承させる制度があります。


どんな人が相続するの?

基本的に、法律の規則に従い、死者の財産を継承する資格のある人を法定相続人と呼び、
単に相続人ともといいます。


この相続人は、嫁や旦那の配偶相続人、子供や親、兄弟の血族相続人の2種類に分かれます。


この相続人には順位があり、


まず最初に、嫁や旦那がいた場合は、常に相続人となります。


次に、血族相続人ですが、相続人の順位は
第一順位⇒自身の子供になります。これは、実子もですが、養子、婚姻中に生まれた子供や、非嫡子を問わず行われます。つまり生まれていない状態でも相続人扱いとなります。


第二順位⇒直系尊属で、母親や父親となります。
第三順位⇒兄弟


嫁や旦那がいる場合

この場合は、配偶者相続といい、否応なしに相続人となります。


配偶者が他界していて子供だけいる場合

次に相続人となるのが、子供になります。


嫁や子供がおらず親がいる場合

この場合は、親が相続人となります。


嫁や子供、親がおらず兄弟だけの場合

嫁や子供、親がおらず、兄弟だけいた場合は、これが相続人となります。


じゃあ借金の相続って配偶者とか親が払わないといけないの?

相続財産が、仮にプラスの財産でなく、マイナスの財産の場合ですが、この場合も考慮し、
民法は、相続人に、相続開始後に被相続人となる権利義務を継承するのかどうかというのを選択出来るように選択権が与えられています。


これを相続の承認と放棄といいます。


ちょっと難しくなってきましたが、、もうちょっとだけ頑張って下さい、、汗。


相続の継承には2種類ある

単純承認

被相続人の一身専属性のあるものを除き、その権利義務全てを継承する選択です。
(民法920条)

限定承認

相続によって得たプラス財産を限度で相続人の債務や遺贈を弁済するという留保をして承認することです。
簡単に言うと、相続財産が1000万円で借金が1500万円あったときは、1000万円を限度として借金を返済し、
残りの500万円は払わなくてもよくなるというものです。(民法922条)


自分の借金を相続して欲しくない場合

単に借金を相続して欲しくない場合は、相続を放棄するコトが出来ます。
これを放棄した場合は、その人はその相続についてハナから相続人にならなかったものとみなされます。


相続についての落とし穴

ここでめっちゃ重要な落とし穴についての説明をしたいと思います。
相続するのかどうかといのは、『自己のための相続があったコトを知った時から3ヶ月以内』にどっちにするのかを
選択しないといけません。


これを、熟慮期間といいます。これは家庭裁判所で伸ばしてもらうコトが出来ます。(民法915条1項)


この熟慮期間中に、限定承認や、放棄しなかった場合は、自動的に単純承認の効果が生じることとなります。


ちょっと難しい話になったので、簡単にまとめてみました。

ちょっと民法や相続についてややこしい話が多かったので、簡単にまとめてみました。


もし、自分が死んだ時に残っている借入した金額は、配偶者や遺族に相続するかどうかを
相続するものがあったと知った日から3ヶ月以内に相続するのかどうかを決めてもらうことになります。


ただし、家庭裁判所で伸ばしてもらうことも可能です。


3ヶ月以上無視した場合は、相続するとみなされることとなり借金はそのまま相続人が引き継ぐことと
なります。


ですが、プラスとなる相続して、マイナスになる財産は引き継がないというコトはできないので、
家や貯金などは引き継ぐけど、借金は引き継がないよというような簡単な問題ではなく、


相続するのなら、全てを引き継ぐケースの単純承認か、プラスの財産の限度で、返済をする限定承認をする方法を
とらないとなりません。


ただし、単純承認後に、発覚した借金などは全て相続されるので注意が必要となります。
また、相続の申請は、地元にある、司法書士の所へ依頼し申請してもらうと楽です。


まとめると、こんな感じになります。
結局、借入した金額は、親や嫁、旦那にいくということなんですね。