キャッシングしなくても、公的な融資を受けれる制度がある

 

キャッシングは、急な入用や、どうしても買いたいモノがあるときに、非常に便利ですが、
反面、金利がお世辞にも、低いとは言えません。

 

例えば、太陽光発電導入や、車などのローンでは、金利が、2%以下で借入できる事もあります。
しかし、目的が様々なキャッシングの場合は、その目的が定まっていないため、高金利で借りざるを得ませんよね。

 

それが、例え、生活苦による生活費の補助としてもです。
厳しいようですが、生活費として借入するために借金をするのは、返済するめどがたっておらず、
一時的に借入をしたいというだけの理由では、一時しのぎに過ぎず、

 

それからの生活をより圧迫するのは、火を見るより明らかです。

 

それでも借入をしたいという人は、無理強いしませんが、
実は、超がつくほど、低金利、もしくは無利息で、
返済期間が非常に長く取れる公的な借入制度があるのをご存知でしょうか?

 

こちらのページでは、条件を上げているので、条件に当てはまれば、
絶対に利用したほうがお得なので、一度どんなものか確認してみてください!


 

利用の注意点

あくまで、生活費などで困っている人に向けた場合であり、娯楽費などでの利用は出来ないので、
注意が必要です。

 

ただし、利用するにあたっては、結構色んな条件があるので、よく以下のページで内容を確認してみてください!

公的な融資を受けれる制度一覧記事一覧

生活福祉資金貸付制度

トップページ > 生活福祉資金貸付制度生活福祉資金貸付制度低所得者世帯障害者世帯高齢者世帯の人に向けた貸付制度です。連帯保証人をつける場合は年利が無利子で借入が可能です。付けない場合でも、貸付が可能ですが、金利が1.5%となっています。以下では、どういった条件でどういった人が借入出来るのか?というこ...

≫続きを読む

国の教育ローン

トップページ > 日本政策金融公庫の国の教育ローン日本政策金融公庫の国の教育ローン子育てをしていく上で、必ず通る問題が、子供の学費問題です。日本の大学進学率は現在、平成24年度の総務省統計局の統計によると、53%となっています。ですが、高校入学の学費や制服代、それに専門学校の学費だって、正直、バカに...

≫続きを読む