見込み年収とは

見込み年収とは、仕事をして1年未満の人が、1年で手に入れるであろう年収を見込みという形で計算したものです。

 

例えばAさんの給料は、25万円の固定給で、3ヶ月ほど働いていたとします。
その場合は、年収は予想で300万円ほどになると予想されます。

 

キャッシングの場合は、基本的に、
月収よりも年収を記入する欄が必ずあるのですが、

 

働いていない1年未満の人は、どういった記入をしたらいいのかわからない、、という人も多いと思います。
この場合は、例え、バイトや就職が決まった日から、実質見込み年収の算出が可能です。

 

ただし、やはりその精度が低いというのは否めません。
なので、本来年収の1/3までの借入が可能なキャッシングですが、

 

上限いっぱいまでの借り入れ枠を作るというのは絶望的で、

 

見込み年収×0.3倍程度の借り入れ枠くらいしか借り入れできないパターンが多いです。
データの精度は低いのですが、当サイトへのお便りを頂いた人で1年未満が審査が通った借り入れ枠が、
平均すると、0.3倍程度と考えたほうが無難ですね。