過去自己破産をしていますが、借入出来る業者はありますか?

今回は過去に自己破産をしているけど、カードローンを利用していキャッシングをしたいという人はどうしたらいいのか?ということを解説しています。

実際に、自己破産をしたら、よくある疑問として、もうずっとブラックリストに記載されていて借入出来ないんじゃないのか、、
と不安に思う人も多いですが、過去に自己破産をしている人でもカードローンを利用する事は可能は、
可能ではあるのですが、まず自身の信用情報がどうなっているのかということを調べるということを優先すべきです。

このページでは、過去に自己破産をしている人の信用情報とカードローンの審査の因果関係についてを解説します!


大前提として、自己破産後に5年以上が経過しているか?


まず、大前提として、自己破産の手続きが終わり、免責が認められ、5年間経過しているのか?
ということが重要になります。
自己破産をしたからといって、お金を一生借入できないということはありません。


この5年というのは、信用情報に、自己破産の記載(「支払いの免除が、法的に認められたもの」と記載されます)が消えているのかどうか
ということを意味し、この消えるまでの期間は後述しています。


個人の信用情報ってなにしたらわかるの?

まず、個人の信用情報というのは、国の指定する信用情報機関に入っています。
機関は3つあり、CIC、JICC、全国銀行協会です。
そして、貸金業者は、この信用情報機関の情報を記載、または参照することを
義務付けされています。


どの機関も共通されているのは、自己破産の情報の保有期間が最長で5年ということです。


キャッシング業者は基本的にCICを利用している業者が多いので、
まず、CICに自身の信用情報を開示してもらい、確認するという形を取るのがおすすめです。
ただし、中小の小さな消費者金融などは、JICCを利用している業者も多いです。
基本的に、大手はほとんどがCICで割とマニアック(笑)な業者はJICCも確認する方がいいです。


※信用情報の開示方法ついては以下ページを参考にして下さい。
http://xn--ickwb4b7ewd.net/264.html


※信用情報開示報告書の読み方は以下ページを参考にして下さい!
http://xn--ickwb4b7ewd.net/191.html


自己破産を含む時効や債務整理をした場合は、この情報が消えるまでは、借り入れが厳しいと判断される場合がほとんどです。
自己破産したという俗に言うブラックリストの情報は、5年で指定信用情報機関に保持されますが、それ以降は、この契約の状況は全てなくなります。


ちょっとイメージがわかない、、という人も多いと思うので、実際にゼニエモンのCICの信用情報開示報告書をベースに図解します。まず、開示するとこのようにローン契約している各社1枚づつこのようにクレジット情報が記載されています。



これは、ゼニエモンの信用情報を開示したものなのですが、
3つほどピックアップしています。


・入金状況
・終了状況
・保有期限


です。
この入金状況は、返済が通常なら$マークが記載されます。
例えば、滞納してしまった場合は、Aの文字が記載されるのですが、
自己破産の場合は、-、もしくは空白になります。
-の場合は、業者が記載した場合で、空白は記載がなかった場合なのですが、
自己破産後は、-が記載されて次月から空白になります。


次に、終了状況ですが、
これは、通常は、「完了」という記載になります。
自己破産の場合は、ここに「支払いの免除が、法的に認められたもの」という記載になり、
債務整理をしたということが記載されます。


そして最後に、保有期限ですが、
これは、この情報をいつ消すのか?ということが記載されます。
これが、残っている状態がいわゆるブラックリストと呼ばれている期間です。
この期間というのは、業者が最後に終了状況の信用情報を更新してから、
最長で5年間ほど残ります。


この期間に近い、、だけど、実際のところ、信用情報に記載が残っているんだろうか、、と
不安な人は、このままイチかバチで申し込みをせずに、
一旦、自身の信用情報を確認することを強くおすすめします。


三機関全て、代行で開示してくれるサービスも、、

余談ですが、この上記の三機関全て情報開示してくれるサービスも中にはあります。
確実に自身の信用情報が知れるのと、その現状の記載されている状況がどうなのか専門家が、
教えてくれるサービスとなっているのですが、一機関毎に1万円ほどかかるので割高です。
ゼニエモンの上記の情報開示の方法を記載していますが、自力でやるのが面倒、、という人は、
こちらも検討してみてください!


信用情報開示の代行サービスの詳細はこちら


自己破産経験者の人が利用出来るカードローン業者の選び方

この信用情報の記載が残っている状況こそが、ブラックリストというもののそもそもの根幹であるということは分かりました。
では、この情報が消えた後に、初めて借入が出来るようになるというものでしたが、
消えたあとに、どういう業者を選ぶべきかを紹介します。


過去、自己破産のした業者はニ度と借入できない!

まず、過去に自己破産をしたときに含まれている業者に借入は二度と出来ません。
自己破産した時に、Aという業者に対し、消えたからといって、そこへ申し込みをすると審査は通りません。
同じく、銀行カードローンを利用したいときに、A業者が保証会社になっている場合も、審査は同様に通りません。


なので、その業者を選択リストから外す必要があります。
これは、身に覚えのある業者なので、わかると思いますが、保証会社まで調べるのは面倒です。


こちらのページで、銀行カードローンの保証会社を一覧化しているので、参考にして下さい。

銀行カードローンの保証会社一覧ページの詳細


これらの保証会社も含めて、外れている業者を選ぶ必要があります。
じゃあ、なんで絶対に審査に通らないかというと、信用情報関係なしに、債務整理した人は、
顧客リストでデータを残しているからです。


結論!自己破産した時に、含まれていた業者には申込をしない!!


ブラックリストの真逆ホワイトリストかも、、

知っている人は知っているということで、ホワイトリストという言葉も存在ます!
これは、要は信用情報に照会しても一切情報がないまっさらな状態の事です。


20代前半の人、もしくは50〜60代までは、そこまで重要視されない事ではあるのですが、
30代後半〜から40代までの人は、もうクレジットカードでの支払いなどがポピュラーである文化が、
馴染んでいる状態で、これまで利用経験が本当にないの?という目線で見られます。
キャッシング業者は基本的に、自動審査である程度まで絞りますが、最終的なジャッジは人が行うので、
ここが引っかかる可能性もあります。
これが、俗に言うホワイトリストと呼ばれているものです。


ただし、これはそこまで致命的なものではなく、希望している金額が、50万円以上の場合は、
30万円以下に縮小される可能性もあるのですが、最終的には、借入自体は出来る可能性は高いです。


5年以上経過している場合は、メジャーな業者を選ぶべき!

この信用情報が回復した状態なら、選ぶべき業者は大手で、以前、自己破産に含まれる業者を
かわしつつ選ぶというのが理想です!


当サイトでは以下の検索業者を選べるシステムを作っているので、
そちらで参照してもらえると幸いです。


いくら必要? 選択しない 50万円以下 50万円以上 100万円以上 300万円以上
借入目的 設定しない 趣味娯楽 生活費用 おまとめ 1本化借り換え
金利 設定しない 15%以内 10%以内 7%以内
あなたの状況 設定しない 会社員 派遣社員 アルバイト パート 自営業 専業主婦
カード発行有無 設定しない あったほうがいい 振込だけでいい
よく使うATM
持っている銀行口座

 

以下は当サイトに自己破産経験者の方から頂いたメールのやり取りです。

【名前【ハンドルネームでもOKです!】】
 こへい
【返信用メールアドレス】
●●@yahoo.co.jp

 

ゼニエモンさん

 

5年前、正確には4年6ヶ月前に自己破産しました。

 

その後、いくつかの事業に関わりアルバイトも含め色々な仕事をしてきました。

 

その間、騙されたりして本来入るべき約500万円がなくなってしまったりしましたが、
ようやく今年はいくつかの事業が形になるところまできました。

 

しかし、ここにきて目の前の家賃とか子供の学費がどうにも乗り越えられません。

 

応援してくれる方々も限界でどうしようもない時に、昨日このサイトを見ました。

 

ハローハッピーに電話で自己破産者でも構わないか問い合わせたところ、
最低3カ月分の給与明細が必要とのことでした。(名前は言っていません)

 

昨年の源泉徴収票はありますが、
このような状況で借りられる業者はありますでしょうか。

 

今週末にはどうしても50万円必要で、
時間がないので明日には最後の望みをかけて申し込みするつもりです。

 

でないと、一家離散になる可能性が高いのです。

 

このサイトは非常に分かり易いですね。

 

銀行から借りられない人達はこのようなコメントを必要としていると思います。
まだお若いのに良く調べています。感心しました。

 

アドバイスがあればお願いします。

 

ハンドルネームで失礼します。
こへい

 

はじめましてこへいさん。
『ゼニエモンの世界一わかりやすいキャッシング超入門』を運営しております。
●●(伏字とさせて下さい、、汗)と申します。

 

この度はご質問ありがとうございます。
返答が翌日の午前中をすぎてしまい大変申し訳ありません、、汗。
どうしても今週末に50万円必要との切羽詰った状況、すごくよく分かります、、。

 

状況的に4年と6ヶ月前に自己破産をしている状況だそうですね。
この状況だと、指定信用情報機関に残っている信用情報は、すでに消えている可能性もあります。

 

つまり、ブラックリストではなくなっている可能性もあります。
基本的に指定信用情報機関は、債務整理をした記録は最高で5年間ほど、記録されていますが、
それ以上の期間は、持ち越されません。

 

私のサイト経由での、質問者の方で、自己破産して3年と少しでしたが、クレジットカードを作れた事もあります。
ですから、こへいさんの場合ですが、まず自身の信用情報をチェックすることから始めるコトをおすすめします!

 

基本的にキャッシング業者はほとんどがCICに加盟しているので、こちらの信用情報を開示して金融事故の問題がなければ十中八九借入可能と私は考えています。

 

ただし、CICの情報開示は、パソコン上で可能ですが、登録しておいて、家に開示パスワードのはがきが届いて、初めて開示可能なので、私の場合は、2日くらいかかりました。

 

なので、今日は水曜日なので、正直、時間が足りなくなる可能性もあります。
最速で借り入れを行う場合は、大手消費者金融1社、ハローハッピーや、ニッセイキャッシング、アローなどの小規模な貸金業者複数で審査すべきかなと考えています。

 

というのも、もし、自己破産の記録がすでになくなっていた場合、こへいさんの場合は、事業形態を詳しく聞いていないのですが、雇われの身で、安定した収入がある状態なら審査に通る可能性も高いと思います。

 

それに審査スピードも1時間程度で連絡が来るので、時間のロスもありませんし、ネット申込から無人機を利用してカード発行してもらえば、21時まで即日でキャッシングを狙うことが出来ます。

 

ただし、大手消費者金融の場合は、3社以上申込を同時、もしくは短い期間でまとめてしていると、申込ブラックとして審査に無条件で落とされる事も合います。

 

指定信用情報機関では、この申込ブラックの情報は6ヶ月ほど残るので注意が必要です。

 

中小の貸金業者は、正直な話、複数社に借入していようが、まとめて審査をしていようが、問題ない業者も多いです、、。
これは表に出ている情報ではありませんが、当サイトに相談してきて下さった方(数人程度ですが、)

 

複数に申込を同時にしていながら、審査に通ったというケースもあるからです。
ただし、確信に近い実績データでないので、大変申し訳ありませんが、自己責任でお願いします、、汗。

 

結果以上をまとめてみると、
一番確実なのが、CICに信用情報を開示してみるコトで、自己破産の情報が記載されていなければ、大手消費者金融に申込をする。
ただし、信用情報の開示は2日程度の時間がかかるので、一度大手消費者金融に申込をしてみる。
それでダメなら、中小の消費者金融に申込をしてみる。

 

というのが、得策と私は考えています。

 

お金に切羽詰る焦りというのは痛いほど理解しているつもりですが、
今回の、こへいさんのケースの当事者ではないので、やはり気持ちの違いが生じているとは思います。

 

一家離散する可能性まであるので、私の方も、ちょっと、慎重に返答してみたつもりですが、
当たり前のコトしか返答できず申し訳ありません、、。

 

こへいさんの希望通りにいくコトを心から願っております!