学生ローンって一体なぁに?

 

大学生活もそろそろ終わろうとしていて、友人らと旅行に行きたい、、
でも、バイト代も給料日前でお金が全くない、、


親には旅行だと中々貸してくれないし、迷惑もかけたくない、、
友人らとの旅行もすごく行きたい、、


こういう時ってどうしたらいいんだろう、、


 

この場合だと、バイトをしているということなので、安定した収入が見込めます。
ですから、消費者金融と契約を結ぶことでキャッシング出来るようになるのですが、


学生という理由で、大手消費者金融では、利用できないケースも多々あります。


この短期的なケースでのキャッシングは実は「学生ローン」という商品があるのをご存知でしょうか?
学生ローンですが、20歳以上の人を対象とした少額ローンのコトをいいます。


利用者は20代から30代前半の人が多く、メインが、学生という立場なので、キャッシング業者と契約ができない学生向けに作られたローンです。


このページでは学生ローンについてガッツリ解説していきたいと思います!


学生専用のキャッシングサービスの総称

学生ローンは、名のとおり学生がメインのキャッシングのコトをいいます。
基本的に、法律的には、20歳以上であれば、学生でも借入しても問題はないのですが、


バイトをしていても、安定した収入がそのうち卒業し、環境が大きく変わる可能性が非常に高いことから、永続的でない部分や、どうしても少額融資オンリーになるので、業者からすれば魅力的な顧客とは言い難い部分もあります。


なので、ほとんどの業者は学生との契約を受け付けていないというコトが大半です。


ですから、学生は常に親や友人に借りるという方法しか現金を手にすることが出来ません。
この学生に対して、少額専門で融資をする業者がいます。


これを「学生ローン」というのですが、親や友人に頭を下げることなく、ビジネスライクに自己責任で現金を借入するコトが出来ます。


目的は、上記の旅行を始め、学費、就職活動など用途は自由に使えます。
では、学生ローンというものがなんとなく見えてきたところで、学生ローンの注意事項を紹介したいと思います。


基本的に自己責任で借入を行えるという点

学生ローンは、全て自己責任で借入を行わなくてはなりません。
よって保証人や担保は必要はありません。
なので、業者もハナからダメなら親に払ってもらうという考え方はしていません。
申込した本人との契約となるので、返済が見込めない人には貸付は行えません。


よって、安定した収入が必要となります。


親からの仕送りは安定した収入とは言えない

親からの仕送りは安定した収入とは言えません。
自身が、アルバイトをして稼いだお金がはじめて収入と呼べます。
ただし、ちょっとしたお小遣い稼ぎのバイトなどはこれに含まれません。


例えば、1日だけ日払いで友人の引越しの手伝いをしたり、パチンコで代打ちしたりというような所得税の発生しない仕事は収入扱いになりません。


借入額は最高でも50万円

借入金額は、どこの業者でも最高でも50万円となっています。
ただし、ちょっと他のキャッシングと違うのは、貸付枠を与えられない融資ということになります。


どういうことかと言うと、5万円の融資して欲しかったら、その都度審査を受けて、振り込んでもらうという流れになるので、貸付枠が20万円与えられるというような意味ではありません。


貸付枠でなく、その金額の融資を要望し、業者も申込者の信用性で貸付の上限額を決め、ここまでなら貸せますよという折り合いで話がつくので、


ほとんど、人と話す必要がない大手消費者金融と比べると、人との接触も多いので、ちょっと温かみすら感じますね(笑)。
ただし、過剰貸付は貸金業法にて禁止されているので、こちらが希望する金額以上は、ちょっとできますよとやんわり言う程度で、無理やり貸付られるということはありません。


学生ローンも貸金業者

学生ローンも立派な貸金業ですから、金融庁に登録された貸金業者でないと貸付する事は出来ません。
ですから、借入した金額や返済を遅延した情報など、全て指定信用情報機関に記載されます。


なので、返済が1日でも遅れるコトがあった場合は、しっかりとこの遅延の情報を書き込まれます。
この1日程度だった場合は、ほとんど影響はありませんが、


今後の車を購入したり、家を購入したり、と大きなローンを組んだりしたい場合にこういった信用情報に金融事故として記載されていてば、まずアウトです。


ですから、今後の社会に出てからもあるので、こういったコトで、自身にホコリを被すようなコトは避けるようにしましょう。


怖い取立ては絶対に来ない

初めてのキャッシングになるわけなので、もし返済が遅れた時に、両腕に刺青が手首まで入っているパンチパーマのおっさんが来ると想像している人も多いかと思います。
まずありえないので心配する事はありません。もしされた場合は、逆に向こうが罪に問われる立場であるので安心して大丈夫です。
ただし、自身の信用情報が傷つくだけなのでこっちの方が怖い取立てよりも恐ろしいと考えたほうがいいでしょうね。


ブラックリストに載ると、最長で、5年間は借金ができなくなります。


厳しいコトをいうようですが、この程度の低額融資を自己での責任を取りきれない人は、逆に今後、借金ができないようにしておいたほうがいいかもしれませんね。


金利は基本的に低金利である

基本的に、学生ローンは、収入がほとんどない学生向けのローンなので、返済もなるべく負担が大きくないように、低金利となっています。基本的に利息制限法の上限は、10万円以下の貸付額は20%、10万円超、100万円以下の場合は18%となっていますが、それよりはほとんどの場合低く設定されています。


また、少額でも返済回数を多めに設定している業者が多く、毎月の返済金額も緩やかです。
それに、電話でも相談に乗ってくれる業者が多いのも特徴です。


学生でキャッシングをしている人は意外と多い

学生でキャッシングをするのはちょっと怖いと思う人も多いかもしれません。
ゼニエモン自体は、まだ法律がゆるかった時期なので19歳で初めての借入を行いました。
契約自体は今のように、ネットで申込がなかった頃なので、無人契約機での契約でしたが、
とても緊張しました。


出来ることなら借入はしたくなったのですが、本当にこの年代でしかカッコつけれないことだって
あると思います。現にゼニエモン自身、そういう女にモテたいからどうしても遊びに出たいという衝動が抑えられなかった一人です(笑)。


ただ、そこからかなりしわ寄せが来たので、
昔ほどの金利ではないので、楽といえば楽ですが、それでも他と比べると使い道自由なキャッシングは、金利が高いです。


老婆心ながらアドバイスをいえば、感覚で、自分の貯金のように、まだ俺に資産があるという誤解をせず、
そこは借金をしているんだという誤解のない認識をしていれば、大丈夫だと思います。