債務整理をした場合ってブラックリストからいつ消えるの?

ここでは、債務整理を行った人が、記載された信用情報についてを解説しています。

基本的に、債務整理を行った人は、俗に言う、ブラックリストに記載されます。
というより、指定信用情報機関に記載されるので、

債務整理を記載されている期間中は、新しく、カードを作ったり、ローンを組んだりする事は
難しいと判断されます。

要は借金がほぼ、できない状態になります。
ただし、ずっとではありません。

これは信用を回復する期間であり、また、信用情報は元に戻ります。

このページでは、債務整理をした人の信用情報はいつ回復するのかをわかりやすく解説したいと思います。

取り合えずブラックリストに載るのは確実

債務整理をした場合は、ブラックリストに載ります。
後で、下部の関連ページも読んで欲しいのですが、いわゆるブラックです。


債務整理は、主に、任意整理、個人再生、自己破産の3種類あります。
この中でも種類はありますが、ここでは、ざっくりと3つで分けておこうと思います。


債務整理した人で、一番理解しておかないとならないことは、
行った事は、法的免除であって、借金は結論的に返済をしなかったということです。


すごくざっくり言うと、
任意整理は、元金だけは返済しますよ!ということ。
個人再生は、返済するけど大幅に圧縮しますよ。ということ。
自己破産は、借金の全てを払いませんよ。ということを指し、


合法的に踏み倒した、または、減額したというコトで、
貸した側からすれば、貸し倒れです。


しかし、そのブラックリストから消える期間という目安はあります。


その期間の目安は以下のようになっています。

任意整理 完済から5年前後
個人再生 完済から5年前後
自己破産 免責確定から5年程度

これは、ブラックリストによりいつ記載されたかにもよります。
指定信用情報機関の登録情報も違います。


事故情報が消えるのが、同時ではないので、そのタイムラグによっては、
5年程度という微妙な表現しかする事で、


指定信用情報機関から、情報開示をしてみないとわからないのが現状です。
ゼニエモンの信用情報を開示した画像を見てみたいと思います!



このようになっていて、個人の信用情報は、指定信用情報期間に保管されている。
新たに借入するときは、この信用情報を照会して審査をする。


そこで、法的免除が認められたものと記載があるのと、
残債がいくらある状態で、入金状況の更新が止まっているのを見ると、
債務整理をしたのかということが審査する業者が把握するという仕組みになっています。


情報の開示方法と、その情報の読み方は、
以下の関連ページで詳しく解説しているので、このページでは割愛しますが、
こういう状態が属に言うブラックリストと呼ばれている状態です。


指定信用情報期間は3つあり、
カードローンなどの業者は、ほぼCICなのですが、信販会社などは、
JICCに登録されている場合もありますが、
指定信用情報機関同士も情報の共有をするため、基本的には、
3つも開示するのは面倒だな、、という人は、CICをまず開示するのがオススメです。


ちなみに、各社保有している情報自体は、債務整理というのは契約終了扱い、
任意整理、個人再生の時は、支払いが終わった時点になり、


3社とも最長で、5年ほどこの情報が残るようになっています。
任意整理などで、返済中である状態で、契約中扱いとなるケースもあるので、
5年以上残るケースも実はあります。
頭の中で、最長で5年であると認識しておけばOKです。


以下は、関連するページなのですが、目的別に分けてみたので、
是非、読んで頂けますと幸いです。