アコムに4円の返済を迫られたという記事をみて

ちょっと、古くて、元記事ももう削除されているようなんですが、
こういった記事を見つけました。


アコムに返済しない男へ


という記事なんですが、どうも内容をたどると、消費者金融のアコムから、返済の電話がかかってくるらしく、
4円を毎日毎日しつこく返済の要求をするらしいです。


そして、この返済の電話代が、結局4円以上かかっているので、アコムは金銭的に損失を得ることとなり、
大勝利の気分を味わっているらしいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


と、ここまでで言いたいことはごまんとあるんですが、
真面目に考えてみましょう。


まず、最初に、アコムをはじめ、消費者金融が最も嫌がることって何でしょうか?
答えは、シンプルで「完済」することです。


いずれは返してもらわないとならないお金ではあるのですが、
そもそも、貸金業者は利息こそが、収入の全てあるわけですから、


完済されると、その収入源が途絶えることとなります。
つまり金の切れ目が縁の切れ目という表現そのままですね。


ですが、現在は、実はムチャクチャ完済しにくい仕組みになっています。
というのも、現在のキャッシングの返済方法は、主に2種類で、


口座引き落としか、ATMでの返済になっています。
その中で、口座引き落としにしている人より、ATMで返済する方が圧倒的に多いです。


その中で、ATMでの返済は、1千円未満の「ハンパ」である金額は一切取引ができないんですが、
これ以上で完済しようと思えば、多めに返済せざるを得ません。


ゼニエモンも1度経験しているのですが、
これは払い終えたあと、業者にその旨を報告し、振込して返却してもらう必要があります。


それは、正直面倒ですよね。
またどこかで利用するかもしれないし、


業者からすれば、顧客とのつながりを断ちたくないですしね。


そこで、考えられたのが、1千円未満の債務は、取引上、完済をしたという扱いにしてしまおうというコトです。
つまり、1千円未満の残債は、完済扱いで、無利息で融資をとっています。


事務処理も、業者と私たちかとのやりとりは、完済扱いですが、
実質は完済でないわけですから、営業上の都合もいいということになります。


さらに、取引上のつながりは継続されているので、好都合ということで、
業者的には、少額の債務の処理をしなくていい上、完済されずに済み、資金需要者との繋がりも消えないという、1粒で3度美味しい思いをしているということですね。


現在は、総量規制によって、年収の1/3までしか借入できませんよね。
つまり、こうしてつながりさえ残しておけば、借入残高は残るわけですから、
他社に浮気される事も理論上できなくなります。


こうした美味しい意味で、たまたまATMの都合上生まれた「副産物」ですが、
業者としては、返して欲しくないお金と取ることも出来ます。


ある意味、一生返さなくていい金額ですよね。
ただし、解約をするときは必要となります。


例え、返済を迫られたとしても、無利息なので、そこは堂々と返済すればいいわけですよね。


さて、話を戻したいと思います。
この考えだと、4円の返済を迫るということはちょっと、現実として、起こりにくいとゼニエモンは考えています。
アコムにこの件について問い合せたところ、返答は、解約時には、返済は必要だが、解約をアコム側から迫るコトはしないので、無利息残高を無理に返済を要求するというコトはないそうです。


こういったコトはあったのかと聞くと、それは、個人情報になるので返答する事は出来ないそうです。


もし4円の返済が本当に来たら

もし本当に4円の返済を迫られたとしましょう。
ただし、この可能性は0ではありません。


一応、借入をしているのですから、いつ、突然返せ!と迫られても、
返済しなくてはならないわけです。


仮にこれを無視すると、当然、指定信用情報機関に、延滞として処理されます。
これを数ヵ月繰り返すと、数ヵ月以上も延滞扱いになると、


自分自身の信用情報がガタ落ちです。
他の業者からの借入残高を減らされたり、借入そのものができなくなったり、
新たに新しくカード発行できなくなったりと、


自分の自己中心的なエゴで返済を怠ると、返って来るものは、ちょっとやそっとじゃ回復しない
信用力の低下です。


ただ、業者の方もそこまでの都合でそんなコトで顧客の信用情報を傷つけるようなコトはまず
ありえません。


なので、おそらくこの記事を書いた人は、ネタかなんかで、書いたんだと思います。
まぁ、ネタとしては面白いのではないでしょうか?


いずれにせよ、こういったコトが起こり得るケースは、限りなく少ないと思います。